『ポケモンバンク』がサービス無償化へ。ニンテンドー3DSシリーズにおける「ニンテンドーeショップ」の提供終了により、2023年3月下旬から無料で利用可能に

 株式会社ポケモンは2月16日(水)、ニンテンドー3DS(以下、3DS)シリーズにおける「ニンテンドーeショップ」のサービス終了にともない、同機への提供サービス『ポケモンバンク』を無償化すると発表した。開始時期は各コンテンツの販売対応を終える2023年3月下旬からとなる。

 『ポケモンバンク』は、3DS向けの『ポケットモンスター』シリーズ作品に対し、所持しているポケモンの保管や引き出しが可能な仮想ボックスをインターネット上に作成するサービス。専用ソフト『ポケムーバー』との併用によって3DS以前の過去作からもポケモンたちを移行させることができ、最大3000匹までを預けられる。

 同サービスの利用料は年間500円(以下、すべて税込)となっているが、2023年3月下旬より利用券の販売が停止。同日より無償化が開始される一方で、無料提供の終了時期については未定とされている。なお『ポケモンバンク』および『ポケムーバー』の新規ダウンロードも同日より非対応となるため、利用を検討している場合は事前に処理を済ませておくことが望まれる。

ポケモンバンク無償化へ。ニンテンドーeショップのサービス終了により_001
(画像は『ポケモンバンク』公式サイトより)

 また、『ポケモンバンク』を無償利用する場合においても、Nintendo SwitchやiOS/Androidと連携したクラウドサービス『Pokémon HOME』への移行は可能だという。『Pokémon HOME』への移行にはプレミアムプランへの加入が必須となっており、1ヵ月あたり360円から利用できる。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ