スマホアプリ『逆転裁判123HD』が6月9日をもって配信終了。Android版はシナリオデータのダウンロードも不可能に、今後は各最新OSに対応した後継アプリが配信予定

 カプコンは3月28日(月)、iOS、Android向けアプリ『逆転裁判123HD』について、6月9日(木)をもって配信を終了すると発表した。

 『逆転裁判123HD』は、『逆転裁判 蘇る逆転』『逆転裁判 2』『逆転裁判 3』の3タイトルをHD画質でリニューアルした作品で、2012年に配信を開始した。シリーズ初期の作品をスマートフォンで手軽に味わえるのが特徴で、『逆転裁判 蘇る逆転』の第1話、第2話は無料でプレイすることができる。

 今回の配信終了にともない、iOS、Androidの両版においてアプリ本体の新規入手とシナリオの購入が不可能となる。くわえて、Android版においてはシナリオデータのダウンロードおよび、アクティブ化コードによる購入情報の引継ぎも行えなくなるとされている。

スマホアプリ『逆転裁判123HD』が6月9日をもって配信終了。後継アプリが配信予定_001
(画像はカプコン公式ニュースより)

 配信終了後も、アプリ本体の再ダウンロードや実績機能は利用可能。iOS版では購入済みシナリオのプレイも可能で、Android版も端末にシナリオデータのダウンロードが完了していれば、引き続きゲームを楽しむことができる。

 また、今後は映像や音質を向上させた後継アプリ『逆転裁判123 成歩堂セレクション』の配信を予定しているとのこと。こちらは『逆転裁判123HD』が対応していなかったiOS 14.7以降、Android 12以降のOSにも対応予定である。なお、『逆転裁判 123HD』のデータや購入状況の引き継ぎには対応しないようだ。

 『逆転裁判123HD』は、6月9日(木)をもって配信終了。以後は同アプリに関するサポートも終了となる。本作のAndroid版を利用中の方は、忘れないうちにシナリオデータをダウンロードしておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ