実写ドラマ『ラスト・オブ・アス』主演俳優のペドロ・パスカル氏が原作ゲームに挫折していたことを告白。甥っ子にコントローラーを託して役作り

 実写ドラマ『ラスト・オブ・アス』主演俳優のペドロ・パスカル氏が原作ゲームに挑戦してみたところ、ほんの数分で挫折。最終的に甥っ子にコントローラーを託すという無念のエピソードが明かされた。

 『ラスト・オブ・アス』は、サバイバルホラーアクションアドベンチャーゲームで日本での発売は2013年。その後、2020年には続編が発売されている。

『ラスト・オブ・アス』ハンターを殴るジョエル
(画像はIMAGE | IMAGE & MOVIE | The Last of Us | プレイステーション® オフィシャルサイトより)

 2020年3月にアメリカのケーブルテレビ放送局「HBO」が『ラスト・オブ・アス』を実写ドラマ化することを発表し、主演のジョエル役として起用されたのがペドロ・パスカル氏だ。

 ペドロ氏は、『スター・ウォーズ』シリーズ初となる実写ドラマ『マンダロリアン』の主演も務めている。映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のウイスキー役としての印象が強い人もいるのではないだろうか。

実写ドラマ『ラスト・オブ・アス』ジョエル役のペドロ・パスカル氏
(画像はPedro Pascal Networkより)

 このたび、ペドロ氏は自らが主演を務める実写ドラマ『ラスト・オブ・アス』への理解を深めるため原作ゲームに挑戦する。

 しかし自分にはゲームセンスがまったく備わっていないことを目の当たりにすると、ほんの数分で挫折してしまう。そこでコントローラーを甥っ子に託し、しばらくプレイを見守っていたとのこと。

 ところが、とある心配事が芽生えたそうだ。

 ゲームで主人公ジョエルの立ち回りなどを見てしまうと、演じる上で寄せすぎてしまうのではないか。真似ることだけが正解とは限らないのではないか。ドラマの脚本も尊重するべきではないか。

 そういった理由から、原作ゲームとはほどよい距離を保ちつつ役作りをしていく、とファッション・カルチャー誌「GQ」でのインタビューで語っている。

 ほかにも、出演作『マンダロリアン』、『ゲーム・オブ・スローンズ』での思い出や、ペドロ氏に大きな影響を与えた俳優ニコラス・ケイジ氏について語るインタビュー全文はこちら

 実写ドラマ『ラスト・オブ・アス』の放送は2023年の予定だ。ペドロ氏の役作りに期待が高まる。

編集部
幼少期からホラーゲームが好き。RPGは登場人物への感情移入が激しく的外れな考察をしがちでレベル上げを怠るため終盤に苦しくなるタイプ。著作『デブからの脱却』(KADOKAWA)発売中
Twitter:@MarieYanamoto
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月3日01時~2023年2月3日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ