『賭ケグルイ』の河本ほむら氏がシナリオを手がけるゲーム『冤罪執行遊戯ユルキル』が発売開始。脱出アドベンチャーと弾幕シューティングを組みあわせた異色の作品

 販売元のイザナギゲームズは5月26日(木)、『冤罪執行遊戯ユルキル』を発売開始した。

 本作は、実刑判決を受けた囚人たちが冤罪を晴らすべく「ユルキルランド」のアトラクションに挑むという作品だ。シナリオをマンガ『賭ケグルイ』の原作を手がけた河本ほむら氏とその弟の武野光氏が制作し、キャラクターデザインは『蒼き革命のヴァルキュリア』やマンガ版『Another』で知られる清原紘氏が担当する。

 4月23日(土)から5月1日(日)にかけては、東京都港区のニッショーホールにて舞台「冤罪執行遊戯ユルキル the stage」も催されていた。こちらは6月2日(木)までの期間限定で公式パンフレットを通信販売している。

 囚人はそれぞれの罪の被害者「執行者」とペアを組み数々のアトラクションに臨む。ゲーム内容は、アトラクション内を探索する「脱出アドベンチャーパート」と仮想空間を舞台とした「本格弾幕シューティングパート」のふたつに大きく分けられているようだ。

 アドベンチャーパートでは、囚人の事件の真相を解き明かすためのヒントを得られるパズルや、囚人と執行人の間で行う詰問ラッシュ「マジキルタイム」などスリリングな謎解きゲームが展開していく。ゲームを進めるごとに各章のチームにまつわる事件の背景や、複雑な人間関係も浮き彫りになっていくという。

スイッチ、PS4向けに『冤罪執行遊戯ユルキル』発売開始1
(画像はニンテンドーeショップ『冤罪執行遊戯ユルキル』販売ページより)

 シューティングゲーム部分は、創業20年を超える同ジャンルの老舗「グレフ」が担当。アドベンチャーパートで集めた事件のヒントを元にルートを選択し、残機を増やす「高速クイズ」や証拠をもとに相手の偏見を破壊する「ヘンケンシナプス」、事件についてのセンテンスを完成させる「ココロメイズ」といった場面に挑んでいく。

 シューティングパートは3段階の難易度選択が用意されており、誰でも本格的な弾幕シューティングを楽しむことが可能だ。また機体や難易度を変更してプレイできるスコアアタックモードも実装され、各ステージの世界スコアランキングも閲覧できるので、腕に自信のある方はぜひ高ランクを目指して挑戦しよう。

スイッチ、PS4向けに『冤罪執行遊戯ユルキル』発売開始2
(画像はニンテンドーeショップ『冤罪執行遊戯ユルキル』販売ページより)

 『冤罪執行遊戯ユルキル』はPS4、PS5、Nintendo Switch向けに現在配信中、公式サイトの記述によればPC(Steam)版ものちほど発売となるようだ。ニンテンドーeショップとPlayStation Storeでは無料体験版も配信されているので、興味を持たれた方はこちらからでも触れてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月5日03時~2023年2月5日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ