『グランツーリスモ』映画版は2023年8月に公開予定、業界メディア報じる。監督はニール・ブロムカンプ氏、ゲームで運転技術を磨いたプレイヤーがプロドライバーになる実話ベースの物語に

 『グランツーリスモ』シリーズを題材とする映画の海外向け劇場公開日が2023年8月11日(金)に決定したとハリウッド情報メディア「Deadline」が報じている

 リアルな車の運転が楽しめる作品群として、25周年を記念した最新タイトル『グランツーリスモ7』が2022年3月に発売された同シリーズ。映画化の企画が進行中であると5月に報じられていたが、このたびさらなる詳細が伝えられた。

 同報道によれば、『第9地区』『エリジウム』などで知られるニール・ブロムカンプ氏が監督を務めることも確定したという。また脚本には『パワー・ゲーム』『アメリカン・スナイパー』を手がけたジェイソン・ホール氏が起用されたほか、製作をコロンビア・ピクチャーズが担当することなども判明している。

『グランツーリスモ』映画版は2023年8月に公開予定、業界メディア報じる。監督はニール・ブロムカンプ氏_001
(画像は「GTアカデミー」公式サイトより)

 また映画版のシナリオの内容についても一部が披露されている。『グランツーリスモ』で運転技術を磨いた10代のプレイヤーが日産自動車のコンテストを通じてプロドライバーに至る、実話に基づいたストーリーとなるとのことだ。

 日産自動車はソニー・インタラクティブエンタテインメントおよびポリフォニー・デジタルと共同で、『グランツーリスモ』のトッププレイヤーに実際のプロドライバーとなる機会を与える育成プログラム「GTアカデミー」を2008年より運営している。

 『グランツーリスモ』映画版のタイトル名や日本での公開予定は明らかとなっておらず、今後の発表が待たれるところだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ