『ロリポップチェーンソー』が復活へ、ドラガミゲームス代表の安田善巳氏が「復活させます」と表明。10周年を迎えた同作に新たな動きか

 ドラガミゲームス代表でゲームクリエイターの安田善巳氏は、『ロリポップチェーンソー』を復活させることを明らかにした。

 『ロリポップチェーンソー』は、2012年にPS3、Xbox 360向けに発売されたアクションアドベンチャーゲーム。

 舞台は、アメリカ西海岸に位置するマンモス校「サン・ロメロ・ハイスクール」。主人公ジュリエットは、チアリーディングを愛する模範的な高校生だ。だが彼女の家族は代々ゾンビハンターの家系だった。そしてある日、ジュリエットがいつものように学校に登校すると、そこにはゾンビへと変わり果てていた同級生たちがいた。

『ロリポップチェーンソー』が復活へ、ドラガミゲームス代表の安田善巳氏が「復活させます」と表明_001
(画像はYouTube「LOLLOPOP CHAINSAW  ストーリーPV」より)
『ロリポップチェーンソー』が復活へ、ドラガミゲームス代表の安田善巳氏が「復活させます」と表明_002
(画像はYouTube「LOLLOPOP CHAINSAW  ストーリーPV」より)
『ロリポップチェーンソー』が復活へ、ドラガミゲームス代表の安田善巳氏が「復活させます」と表明_003
(画像はYouTube「LOLLOPOP CHAINSAW  ストーリーPV」より)
『ロリポップチェーンソー』が復活へ、ドラガミゲームス代表の安田善巳氏が「復活させます」と表明_004
(画像はYouTube「LOLLOPOP CHAINSAW  ストーリーPV」より)

 ゲームは、チアリーディングの軽快な身のこなしで「チェーンソー」を武器としてゾンビを倒していくスタイリッシュなアクションが展開する。

 本作は角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアが共同で開発しており、ゲームクリエイターの須田剛一氏がディレクター、後に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を撮ることになる映画監督のジェームズ・ガン氏がシナリオを務めたことで知られている。また安田善巳氏は本作のプロデューサーを務めている。

 海外でも人気の高い作品としても知られており、先日には発売10周年を迎えジェームズ・ガン氏、須田剛一氏、安田善巳氏、そして公式コスプレイヤーのジェシカ・ニグリ氏がお祝いのツイートをしていた。

 今回、安田善巳氏は「Lollipop Chainsaw はドラガミゲームスで復活させます。楽しみに待っていてください…!!!」とツイートしている。ただし、この「復活」が何を意味しているのかは現時点で不明だ。

 はたして安田氏がいう「復活」とは何なのか。今後の続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ