いま読まれている記事

リメイク版『ロリポップチェーンソー』には須田剛一氏やグラスホッパー・マニファクチュア、ジェームズ・ガン氏は「関わっていない」。両氏が自身のTwitterアカウントで明かす

article-thumbnail-220706h

【2022/7/11 20:10更新】記事初公開時、記事・ツイートにて「グラスホッパー・マニファクチュア」の表記が誤って記載されていました。読者ならびに関係者にお詫び申し上げます。

 ゲームクリエイターの須田剛一氏と映画監督のジェームズ・ガン氏は、7月5日に発表されたリメイク版『ロリポップチェーンソー』には「関わっていない」ことを自身のTwitterアカウントにて明らかにした。

 『ロリポップチェーンソー』は、2012年に角川ゲームスより発売されたアクションアドベンチャーゲーム。須田剛一氏がクリエイティブ・ディレクター、安田善巳氏がプロデューサー、さらに映画監督のジェームズ・ガン氏がシナリオを務めた。角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアが共同開発をしている。

 リメイク版『ロリポップチェーンソー』は、角川ゲームスより一部事業を引き継いだドラガミゲームスが先日7月5日に発表している。

 現行のハイエンドゲーム機のマシンパワーを使って描くものとなっており、ドラガミゲームス代表でリジナル版のプロデューサーである安田善巳氏が再びプロデューサーを務める。

 今回、映画監督のジェームズ・ガン氏は自身のTwitterアカウントにて、リメイク版『ロリポップチェーンソー』について「私も須田さんも現在これに関与していません。数週間前に須田さんから初めて聞きました」と表明。

 須田氏もこれに呼応する形で「ジェームズ・ガンがいうように、彼も私もこのプロジェクトにはまったく関わっていませんし、グラスホッパー・マニファクチュアは開発などにはまったく関係ありません」と表明した。

リメイク版『ロリポップチェーンソー』には須田剛一氏やグラスホッパー、ジェームズ・ガン氏は「関わっていない」ことが明らかに_001
(画像はTOPICS|DRAGAMI GAMES(ドラガミゲームス)より)

 ドラガミゲームスの発表では「開発は、安田プロデューサーをはじめとするオリジナル版開発スタッフとドラガミゲーム開発スタッフが担当します」としていたが、現時点での開発体制にはグラスホッパー・マニファクチュアは関わらず、ドラガミゲームが主導することになりそうだ。

 リメイク版『ロリポップチェーンソー』こと『Lollipop Chainsaw Remake』(仮称)は2023年の発売を予定している。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日18時~2024年5月22日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ