いま読まれている記事

トラウマと向き合うべく異界を探索するホラーゲーム『They Speak From The Abyss』のSteamストアページが公開。引っ越し先のクローゼットで悪魔に遭遇。レトロな美学で描く恐怖の精神世界

article-thumbnail-220722u

 個人ゲーム開発者のNikki Kalpaとパブリッシャー2 Left Thumbsは7月22日、開発中のホラーADV『They Speak From The Abyss』についてSteamストアページを公開した。

 Steamストアページによると、発売時期は2023年となっている。また、本記事への作者の反応によると日本語の対応を予定している。

『They Speak From The Abyss』のSteamストアページが公開_001
(画像はSteam:They Speak From The Abyssより)

 『They Speak From The Abyss』は3DダンジョンRPG風ホラーアドベンチャーゲームだ。

 本作の主人公「ヴァネッサ」は引っ越したばかりの新居にて、啓示のような夢を見て目覚める。すると、自室のクローゼットには「夜のセラピスト」を自称する悪魔GERMAINが佇んでいた。

 GERMAINはセラピーと称して恐怖の旅に誘う。ヴァネッサは奇怪な誘いに乗り、GERMAINの背後に展開する奇妙な空間「アビス」を冒険し、自身のトラウマと向き合うこととなる。

『They Speak From The Abyss』のSteamストアページが公開_006
(画像はSteam:They Speak From The Abyssより)

 アビスの中は内臓の様なテクスチャが広がる不気味な空間であり、おどろおどろしい悪魔や二頭の植物、殺人鬼を名乗る存在が徘徊している。

 itch.ioでは本作の序盤プレイできる体験版が配信されている。ゲーム本編に実装される戦闘要素などは収録されていないが、本作の作風は十分に味わえるだろう。

 たとえば、ダンジョン内に配置されたダークなビジュアルを携えた悪魔たちの多くは会話をすることができ、かれらの多くは友好的でコミカルだ。また、ヴァネッサの淡々とした発言も頻出し、意外にも軽快な会話劇を楽しめる。

 いっぽう、作品の要素の多くはグロテスクなモチーフや不気味な美意識を基調としている。それらを荒いグラフィックやサウンドで描くスタイルは、精神世界のような異界「アビス」を舞台とする本作にマッチしているだろう。

 Steamストアページの公開にあわせて、itch.ioではデモ版のアップデートが実施されている。ストーリーの進行の調整やバグの修正、ミニマップの実装、オーディオトラックの追加が行われている。

 興味がある読者は本作をSteamのウィッシュリストに登録し、itch.ioにて体験版をプレイしよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日04時~2024年6月18日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧