『スマブラX』のBGMアレンジなどを手がけた作曲家・大熊謙一氏が7月22日に死去。『同級生』や『この大空に、翼をひろげて』など数多くのゲーム作品に楽曲を提供

 『大乱闘スマッシュブラザーズX』『この大空に、翼をひろげて』などのゲーム作品に楽曲を提供してきた作編曲家、大熊謙一(おおくまけんいち)氏が7月22日(金)に逝去された。同氏のTwitterアカウントからの投稿や、所属していた株式会社ツーファイブの公式ニュース(PDF)にて明らかにされている。

 大熊謙一氏は『同級生』『卒業 〜Graduation〜』、『この大空に、翼をひろげて』や『ココロ@ファンクション!』『見上げてごらん、夜空の星を』などをはじめとするアドベンチャー作品に数多くの楽曲を提供してきた。1991年には岩垂徳行氏、溝口功氏とともにツーファイブの立ち上げに携わっている。

 『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではBGMアレンジを担当。今回、同作のディレクターを担当していた桜井政博氏からも「ご冥福をお祈りします…。」とのリプライが寄せられ、大熊氏の手がけた楽曲は後のシリーズでも採用されたことが明らかにされている。

 そのほか「ヨアケノジカン。」や「アニメグ。」など、声優の緒方恵美さんによるアルバムにも複数参加。近年ではセルフカバーベストアルバム「EARLY OGATA BEST」にも楽曲を提供していたとのことだ。

 葬儀については7月27日(水)より、親族および近親者のみにて執り行う予定とされている。本件については、ツーファイブの公式ニュース(PDF)も参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ