第二次世界大戦で破壊された街を復興するゲーム『WW2 Rebuilder』プロローグ版がSteamで無料配信スタート。ドイツ・ハンブルクの街並みを美しく再建しよう

 開発元のMadnetic Gamesは7月26日(火)、『WW2 Rebuilder: Germany Prologue』をPC(Steam)向けにリリースした。本作は『WW2 Rebuilder』のプロローグ版にあたり、無料でプレイすることが可能だ。

 『WW2 Rebuilder』は第二次世界大戦後のヨーロッパを舞台に、戦争で破壊された街並みを建て直すシミュレーションゲーム。さまざまな重機を使って破壊の後に残ったガレキを片付け、家や道路を再建し、廃墟から新たな未来を築くための仕事に取りかかる。

 ゲーム本編ではロンドン大空襲で焼き払われたイギリス・ロンドンをはじめとする、いくつものヨーロッパの都市が舞台として登場。残骸を取り除き、再建にあたっては傷んでいないレンガだけを再利用したり、ガレキも爆撃の穴を埋めるのに使ったりと、地道な工程を経て街を再建していく。

 すでに公開されている映像では墜落した戦闘機をクレーンで移動させたり、ブルドーザーでガレキを押しのけていったりと、20世紀の無骨な重機の活躍も多数うかがえる。くすんだ廃墟の群れが、生き生きとした街に変わる様子は何とも嬉しくなるものだ。

Steam向け建築ゲーム『WW2 Rebuilder』プロローグ版が無料配信開始1
(画像はSteam『WW2 Rebuilder: Germany Prologue』配信ページより)

 今回配信がスタートした『WW2 Rebuilder: Germany Prologue』では、ドイツのハンブルクにて復興作業に従事する。

 ガレキを排除して整地を終えたら、どのような建物をそこに築くのかを決める。その後は集めてきた資材を使い、時には自分で足場も作りながら作業を進めていくといった形になるようだ。街灯や街路樹といった装飾アイテムも設置でき、地道な作業を繰り返すことで街にはかつての活気が戻ってくるのだろう。

Steam向け建築ゲーム『WW2 Rebuilder』プロローグ版が無料配信開始2
(画像はSteam『WW2 Rebuilder: Germany Prologue』配信ページより)

 『WW2 Rebuilder: Germany Prologue』はPC(Steam)向けに無料配信中。こちらは日本語のインターフェースにも対応しているので、興味を持たれた方はぜひ触れてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ