「ソフトベンダーTAKERU」を特集するNHKの番組が8月9日の22時50分に放送予定。ブラザー工業のPCソフト用の自動販売機「TAKERU」の内実に迫る

 NHKは、PCソフト自動販売機「ソフトベンダーTAKERU」を特集した番組『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』を、8月9日(火)の22時50分からNHK総合チャンネルほかで放送すると発表した。

「TAKERU」を特集するNHKの番組が8月9日の午後10時50分に放送予定_001
(画像は(3)「ブラザー工業・早すぎた配信ビジネス」 – 神田伯山の これがわが社の黒歴史 – NHKより)

 「ソフトベンダーTAKERU」は、ブラザー工業が開発・展開したPCソフト用の自動販売機。1986年にサービスが開始し、1997年にサービスを終了している。おもにパソコンショップなどに設置された。

 ユーザーは備え付けの画面から欲しいソフトやゲームを選び、代金を支払う。すると空のフロッピーディスクが出てくるため、それをディスクドライブにセットすると選んだソフトのデータがフロッピーディスクに書き込まれ、取り扱い説明書も印刷されて持ち帰れるという、PCソフト用の自動販売機だった。

「TAKERU」を特集するNHKの番組が8月9日の午後10時50分に放送予定_002
(画像は(3)「ブラザー工業・早すぎた配信ビジネス」 – 神田伯山の これがわが社の黒歴史 – NHKより)

 インターネットが一般的に普及する前のサービスであり、販売するソフトのデータは通信回線を通じて本体内にダウンロードされていた。新旧さまざまなソフトのほか、TAKERUオリジナルソフトや同人ソフトを購入することができる画期的なサービスだった。

 『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』は、人気講談師・神田伯山さんが黒歴史を笑いに昇華しつつ、手痛い失敗から得られた教訓をあぶり出し、挑戦者たちにエールを送る番組。第3回目となる今回は、ブラザー工業の「ソフトベンダーTAKERU」が夢見た流通改革に迫るという。

 「ソフトベンダーTAKERU」を特集した番組『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』は、8月9日の午後10時50分からNHK総合チャンネルほかで放送予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日04時~2023年1月28日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ