『イナズマイレブン』14周年を記念した特別イラストが公開。最新作『英雄たちのヴィクトリーロード』の画像4枚もお披露目、2022年末に大規模な情報公開を行う予定

 『イナズマイレブン』の公式Twitterアカウントは8月22日(月)、シリーズの14周年を記念したイラストを公開した。こちらは「14」にちなみ背番号14番の「鬼道有人」がアップとなった1枚であり、そのほか「円堂守」「豪炎寺修也」の姿も確認できる。

 『イナズマイレブン』は2008年8月22日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『イナズマイレブン』に始まったシリーズ。その後テレビアニメや劇場版アニメ、舞台版、スマートフォン向けアプリ『イナズマイレブン エブリデイ!!+』などさまざまな形で展開を広げてきた。

 2013年に発売された『イナズマイレブンGO ギャラクシー ビッグバン/スーパーノヴァ』以降、記事執筆時点にいたるまで家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機向けの新作は発売されていない。しかし、7月21日(木)にはシリーズ最新作『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』に関する情報が更新され、同作がNintendo SwitchとPS4、スマートフォン向けに発売されることがあらためて発表された形である。

 そして今回、レベルファイブ代表取締役社長である日野晃博氏本人の公式Twitterアカウントでもシリーズの14周年を記念して『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』の画像が複数公開された。

 投稿でも「ゲーム移動画面+ストーリーボードラフ3点」と紹介されている通り、同作の主人公「笹波雲明」が3Dで表現されたマップ中にたたずんでいるスクリーンショットらしき画像1枚と、物語の展開を匂わせる画像3枚が確認できる。

 記事執筆時点でこちらのツイートは5000件以上のリツイート1万5000件ほどのいいねを集めるなど大きな注目を獲得。リプライには「14年経った今でも新作を発売してくれる事が嬉しいです!」など、国内外の多くのファンから開発が進んでいることを喜ぶ声が届いている。

 『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』については、以前の開発ブログでも触れられていた通り、2022年末に大規模な情報公開を行うとのこと。日野晃博氏も「ゲームのクオリティはこれからゴリゴリ詰めていきます!」とコメントしているため、今は年末の情報更新を楽しみに待ちたいところだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ