『ちいかわ』と『シャドウバース』のコラボが9月1日に開催決定。「ちいかわ」(CV:青木遥さん)たち3キャラクターが『シャドバ』内で動くリーダースキンとして登場

 Cygamesは対戦型デジタルカードゲーム『シャドウバース』にて、9月1日(木)より『ちいかわ』とのコラボを開催すると発表した。

 『ちいかわ』はイラストレーターのナガノ氏による作品で、Twitter上でのイラストやマンガ投稿を軸に展開されてきた。2021年には描きおろしをくわえ『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』のタイトルで書籍化、4月4日(月)からは「めざましテレビ」内でテレビアニメ化も行われるなど、高い人気を獲得している。

 今回、『シャドウバース』とのコラボでは主要キャラクターのひとり「ちいかわ」がエルフクラスのリーダースキンとして登場決定。アニメ版に準拠する形で青木遥さんが声優を務め、ボイスやアニメーションとともにゲーム内で活躍する映像が公開されている。

 記事執筆時点では未公開であるものの、さらに2キャラクターのリーダースキンが登場予定であることが特設サイトから読み取れる。それぞれ「エンブレム」や「称号」も用意されるようで、すでに「ちいかわ」のエンブレム称号「草むしり検定挑戦中」の画像が公開済みだ。

 また、こちらのコラボではカード「夢のもてなし」の『ちいかわ』イラスト版が登場決定。こちらも「ちいかわ」役を務める青木遥さんのボイス付きで公開されている。

 『シャドウバース』と『ちいかわ』のコラボは9月1日(木)より開幕となり、公式Twitterアカウントでは開催に向けて毎日情報を公開していくとのこと。あわせて、1万円分の「えらべるPay」が抽選で当たるRTキャンペーンも9月1日(木)まで開催中である。

 本イベントの詳細については、『シャドウバース』公式Twitterアカウント特設サイトなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ