東京ゲームショウ2022の公式配信のタイムテーブルが公開。9月15日から18日までマイクロソフト、カプコン、セガ/アトラス、スクエニなどが配信を予定

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、9月15日(木)から9月18日(日)に開催される「東京ゲームショウ2022」の最新出展状況公式番組の配信番組テーブルを公開した。

東京ゲームショウの公式配信のタイムテーブルが公開_001

 「東京ゲームショウ2022」は、3年ぶりにリアル会場を設置し、さらにオンラインを含めたハイブリッド開催となる。リアル会場では幕張メッセで開催されるほか、オンラインでは公式番組配信、TOKYO GAME SHOW VR、体験版無料プレイ、Steam特設会場などの企画が実施予定だ。

 8月31日時点の出展社数は605社にのぼっており、そのうち国内出展は312社(オンライン出展25社含む)海外出展は293社(オンライン出展24社含む)となる。またリアル会場の出展小間数は1883小間で、出展社数、出展小間数ともに、開催発表時の想定を大きく上回る規模となっている。3年ぶりのリアル会場復活に対する期待感の高さがうかがるといえる。

 また出展タイトル数は8月31日時点の1409タイトルとなっている。家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなど多彩なプラットフォームに向けて、話題の新作やeスポーツ採用タイトル、メタバース(仮想空間)に対応した最先端のゲームなど、幅広いジャンルの出展を予定している。

 最終的な出展タイトルのラインナップは、東京ゲームショウ2022の会期初日である9月15日(木)に公開する予定だ。

東京ゲームショウの公式配信のタイムテーブルが公開_002

 今回、会期中に配信する公式番組のタイムテーブルが公開となり、会期4日間に配信する公式番組は38番組となる。そのうち出展社による「公式出展社番組」は29番組(参加出展社は26社)だ。

 グローバルイベントとして、DouYu(中国)、bilibili(中国)、Douyin(中国)、HUYA(中国)、IGN(米国ほか)といった海外のプラットフォーマー/メディアとの連携した配信も実施する。ほとんどの番組は日本語配信のほかに、英語の同時通訳版も並行して 配信。一部の番組は、中国語の同時通訳付きも準備中とのこと。

 チケットは、当日券の販売はなくオンライン事前販売のみとなっている。既定枚数がなくなり次第、販売が終了するので、各種プレイガイドにて購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ