Appleが「App Store」でアプリ価格とアプリ内課金を値上げすると発表、120円が「160円」、1万円は「1万2800円」に。10月5日から

 Appleは、App Storeでのアプリ価格とアプリ内課金(自動更新サブスクリプションを除く)を10月5日から値上げすると発表した。

 Appleが定めた最低価格から、すべての価格帯で値上げとなっている。

App Storeでのアプリとアプリ内課金が10月5日から値上げ。120円が「160円」に_001
(画像はAppおよびApp内課金の税金と価格の変更について- Apple Developerより)

 今回の価格帯の改定は、日本を含むチリ、エジプト、マレーシア、パキスタン、ポーランド、韓国、スウェーデン、ベトナム、およびユーロを通貨とする全地域を対象としている。なお理由は明らかにしていない。

 Appleは「Tier」という名称の「価格設定用テーブル」があり、0~87のナンバーが設定されている。今回は有料の最低価格の価格帯(Tier 1)から最高価格帯(Tier 87)まで値上げとなっており、無料のテーブル(Tier 0)以外のすべてで値上げとなっている。

 価格帯の目安は以下のとおり(以前の価格帯新しい価格帯)。

Tier 1:120円⇒160円
Tier 2:250円⇒320円
Tier 3:370円⇒480円
Tier 4:490円⇒650円
Tier 5:610円⇒800円
Tier 6:730円⇒1000円
Tier 7:860円⇒1100円
Tier 8:980円⇒1200円

Tier 25:3060円⇒4000円
Tier 32:3920円⇒5000円
Tier 41:5020円⇒6600円
Tier 53:8000円⇒10000円
Tier 56:10000円⇒12800円
Tier 63:15000円⇒19800円

App Storeでのアプリとアプリ内課金が10月5日から値上げ。120円が「160円」に_002
(画像はApp Store Price Tier Updates – October 2022より)

 なおこうした価格帯(Tier)が、アプリ内課金のゲーム内通貨にストレートに反映するかどうかは各ゲームアプリの方針によるので各ゲームアプリの発表を待ちたいところだ。

 App Storeでのアプリとアプリ内課金(自動更新サブスクリプションを除く)の値上げは、10月5日を予定している。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ