過去と未来、2Dと3Dのふたつの次元で謎を解くふたりプレイ専用ゲーム『The Past Within』が11月2日に発売決定。不穏な新映像も公開。クロスプレイに対応し、Steamではデモ版も配信中

 独立系のゲーム開発スタジオのRusty Lakeは9月21日、アドベンチャー『The Past Within』を11月2日に発売すると発表した。

 本作の対応プラットフォームはPC(Steam)iOSAndroidのスマートフォンで、海外向けにNintendo Switch版も用意される。Steamストアページによると日本語表記にも対応し、クロスプレイにも対応する。

 また、Steamストアではデモ版を配信中だ。

 

 『The Past Within』はふたりプレイ専用ポイント&クリック形式のアドベンチャーゲーム。プレイヤーは過去未来2D3Dのふたつの次元を介して協力し、お互いの景色を共有しながらパズルを解いていく。

 Steamストアページの紹介としてはアドベンチャーゲームとなっているが、不穏なアートワークやトレーラーを参照すると、ホラー要素も用意されているだろう。

 ゲームには2つの章が含まれており、平均的なプレイ時間は2時間ほど。完全な体験を楽しみたい場合は、別の視点でもう一度プレイすることが推奨されている。さらに、すべてのパズルの答えが変化するリプレイ機能が用意されており、繰り返し遊べる仕様だ。

 本作はふたり専用ゲームであり、共に遊ぶプレイヤーを探すハードルが設けられているが、本作の公式ディスコードサーバーでは協力プレイで遊ぶ相棒を探すことも出来るそうだ。

 また詳細は不明だが、本作にはRusty Lakeの過去作『Rusty Lake Hotel』から始まった同名のシリーズに登場するアルバートが登場する。パズルを解くことで「アルバート」に纏わる断片的な情報を獲得し、彼の策略を暴くことが最終目的となるという。

 興味がある読者は、発売に向けてデモ版をプレイするほか、過去作を遊んで待つのも良いだろう。ウィッシュリストに登録して11月の発売を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ