ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』発売開始。地下を掘り進めつつ資源を持ち帰り「エイリアン」の襲撃を乗り切る。日本語に対応

 Raw Furyは、ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始したと発表した。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込1899円。10月5日まで税込1709円(10%オフ)となるセールを実施している。日本語に対応している。

 『Dome Keeper』は、ローグライク採掘サバイバルが融合したゲームで、地下を掘り進めつつ外敵の度重なる襲撃からドームを防衛する作品となる。

 プレイヤーは貴重な資源を見つけるためにドームの地下を掘り進めつつ、エイリアンの襲撃ウェーブを乗り切っていく。だがドームを離れて地下に降りるときは注意が必要だ。今回はどれほど掘り進めるのか? どれぐらい資源を持ち帰れるのか?エイリアンの猛攻を阻止するためには冷静な判断が求められる。

ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始_001
(画像はSteamより)
ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始_002
(画像はSteamより)
ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始_003
(画像はSteamより)
ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始_004
(画像はSteamより)

 ゲームはSF的な世界設定を表現したピクセルアートが特徴だ。

 収集した鉱物はアップグレードに使用することができる。武器の攻撃力向上、採掘用ドリルの強化、ジェットパックのスピード増加などどれをアップグレードしていくかも迷いどころだ。エイリアンは、さまざまな攻撃パターンを持っているので、状況を判断しつつ攻略していこう。

ローグライク採掘アクションゲーム『Dome Keeper』を発売開始_005
(画像はSteamより)

 Steamでは記事執筆時点で200件以上のレビューが集まっており、「非常に好評」となっている。

 10月5日まで税込1709円(10%オフ)となるセールを実施しているので、気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ