ポストアポカリプス世界で生き残るサバイバルFPS『Road to Vostok』無料体験版が配信開始。一度の死ですべてを失う「Vostok」エリアなどハードコアなゲーム性が魅力

 開発元の「Road to Vostok」は9月27日(火)、ゲーム『Road to Vostok』無料体験版をPC(Steam)向けに配信開始した。

 『Road to Vostok』はポストアポカリプス世界における、フィンランドとロシアの国境地帯を舞台にしたサバイバルFPS。それまでに集めたすべてが失われる「パーマデス」(永久死)リアリティを追求した武器のメカニズム、プレイヤーキャラクターを蝕む複数の健康異常など、詳細なキャラクターシミュレーションに基づくハードコアなゲーム性が特徴だ。

 ゲーム内のマップは現実世界のロケーションに基づいたエリアから構成されており、マップごとに敵対するNPCのAIを調整することで難易度に変化を与えている。基本的な構造としてはタイトルにもなっている「Vostok」に向かって東へ進んでいくことで、戦闘はより難しく、戦利品はより価値あるものに変わっていくという。

 「Vostok」はパーマデスゾーンとして設定され、こちらのエリア内で死亡してしまうとゲーム中で収集したアイテムなどはすべて失われる。まさに命がけの、非常に緊張感の高いゲームプレイが楽しめることだろう。

『Road to Vostok』無料体験版が配信開始。サバイバルFPS1
(画像はSteam『Road to Vostok』販売ページより)

 ゲーム中では敵の待ち伏せ支援物資のほか、トレーダーから受ける特別なクエストなど、さまざまなランダムイベントがプレイヤーを待ち受ける。雨や雷雨といった気象イベントも発生するため、常に臨機応変に状況に対応していくことが望ましい。

 唯一ゲームのセーブが行えるのが各地で見つかる「シェルター」。探索の中で集めた戦利品を保管する場所でもあり、大半はたやすく見つけられるよう配置されているという。なお「ボストーク」でデスしてしまった場合はシェルター内のアイテムも失われる

『Road to Vostok』無料体験版が配信開始。サバイバルFPS2
(画像はSteam『Road to Vostok』販売ページより)

 『Road to Vostok』は現在PC(Steam)向けに無料の体験版を配信中。公式サイトで公開されているロードマップの情報によれば、マップひとつとシェルターひとつがすでに実装されているようだ。本作は長期的なプロジェクトとなり、早期アクセス期間は2年から4年ほどを想定しているとのこと。興味を持たれた方は、まず体験版からお試ししてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ