PSNウォレットとの交換ポイントを入手できるロイヤリティプログラム「PlayStation Stars」がサービス開始。「PS+」加入者はストアでの購入でもポイントを獲得可能

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月29日(木)、ロイヤリティプログラム「PlayStation Stars」を日本をふくむアジア地域にてサービス開始した。

 「PlayStation Stars」は、さまざまなキャンペーンやアクティビティを達成することで、ポイントやコレクティブルといったリワードを獲得できるロイヤリティプログラムだ。毎月のチャレンジでは好きなゲームをプレイするだけでリワードを入手でき、特定のトロフィーを獲得するといったキャンペーンも行われるという。

 リワードとしてはまず、PSNウォレット残高へのチャージや限定コレクティブル、PlayStation Storeの一部商品などと交換可能なポイントの存在が挙げられる。また「PlayStation Plus」加入者がPlayStation Starsに参加することで、ストアでの決済時にもポイントを入手できるようになる。

「PlayStation Stars」がサービス開始。プレイステーションのロイヤリティプログラム1

 もうひとつのリワードは、ゲームキャラクターのフィギュアやソニーの歴史を物語るデバイスなどをデジタルフィギュア化したコレクティブル。『サルゲッチュ2』のゴンドラの船頭ザルディ」「ポケットステーション」「トロとクロのお祝い」などを最初のコレクティブルとして用意しているとのことだ。

 手に入れたコレクティブルはPS App内のデジタルディスプレイケースに並べて飾ることができる。なお、こちらはロイヤリティプログラムのみを目的として制作されたものであり、ブロックチェーン技術を活用したものではなく、売却や交換は行えない。

「PlayStation Stars」がサービス開始。プレイステーションのロイヤリティプログラム2

 このほか「PlayStation Stars」では、達成したマイルストーンに応じて4段階が設定される「ステータスレベル」システムを採用。ゲームプレイで獲得したレア度が「ふつう」よりも高いトロフィーの数や、ストアで製品版タイトルを購入した回数によって変動し、レベルが上がることでさらに多くの特典を入手できるようになるとのことである。

 「PlayStation Stars」は日本をふくむアジア地域にて9月29日(木)よりサービス開始。PlayStation Networkのアカウントを持つ18歳以上のユーザーであれば、誰でも無料で参加することが可能だ。本プログラムの詳細については、PlayStation.Blogも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ