『スプラトゥーン3』最新アップデートが10月26日に配信決定。「LACT-450」などのスペシャル必要ポイント増加をはじめ、遠距離から攻撃し続けるような戦法を抑制する調整を実施

 任天堂は10月26日(水)午前10時に『スプラトゥーン3』の更新データ「Ver.1.2.0」を配信すると発表した。

 今回の更新データはバトルに関する一部の「ブキ」の調整、いくつかの機能改善、多くの不具合の修正を中心として配信されるもの。まずバトルに関しては、離れたところからサブウェポンやスペシャルウェポンを抑制するための調整を行ったとのことだ。

 サブウェポン「タンサンボム」については、使用後にインクが回復し始めるまでの時間が約0.25秒延長。また「ヴァリアブルローラー」、「スクリュースロッシャー」、「LACT-450」の3つのブキについては、スペシャル必要ポイントが200から210へと増加している。

『スプラトゥーン3』最新アップデートが10月26日に配信決定1
(画像はニンテンドーeショップ『スプラトゥーン3』販売ページより)

 今回の更新データでは不具合の修正を優先しているため、ブキの調整については次回の更新データで引き続き行うとのこと。そのほか「フェス」の登場演出に所属勢力が表示されたり、「バンカラマッチ」や「フェスマッチ」、「トリカラアタック」のマッチメイクの改善などが行われているそうだ。

 また通信プログラムへの改善も施され、送信したデータが相手に届き、その反応が返ってくるまでの時間が平均して約0.05秒短縮された。ダメージを与えたプレイヤーが実際に倒れるまでの時間や、「金イクラ」に触れてから実際に獲得できるまでの時間の短縮が期待できるという。

 不具合修正については、プレイヤー操作、対戦、サーモンラン、ヒーローモードなど非常に多岐にわたる項目で行われており、こちらの詳細については公式のサポートページを参照されたい。

『スプラトゥーン3』最新アップデートが10月26日に配信決定2
(画像はニンテンドーeショップ『スプラトゥーン3』販売ページより)

 『スプラトゥーン3』の最新更新データ「Ver.1.2.0」は10月26日(水)の午前10時に配信を開始する。なお、この更新データの配信以降は「Ver.1.1.2」以前のバトルメモリーを再生できなくなることが明らかにされている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月5日01時~2023年2月5日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ