PC版『ダークソウル』のシステム老朽化を受けたオンラインサービス終了が発表。DX11対応のPC版『ダークソウルII』については本日からサービス復旧

 フロム・ソフトウェアは10月25日(火)、2012年からPC(Steam)で配信中の『DARK SOULS Prepare To Die Edition』について、オンラインサービスのサポートを終了すると発表した。本発表は2022年1月に明らかとなったセキュリティの脆弱性に関する調査へ基づくもので、サービス終了の理由は「システムの老朽化により復旧が困難であることが判明」したためとしている。

 あわせて、同日には2015年に発売されたPC版『DARK SOULS II: Scholar of the First Sin』(DirectX 11)のオンラインサービス復旧も告知されている。

PC版『ダークソウル』のシステム老朽化を受けたオンラインサービス終了が発表_001
(画像はSteam『DARK SOULS™: Prepare To Die™ Edition』より)

 PC版の『ダークソウル』シリーズについては、リモート環境からコンピューター上で任意のコードを実行可能とする脆弱性が確認されており、ゲームのクラッシュやマルウェアなどの悪意ある挙動を不正に実行できてしまう状態となっていた。上記の事態をふまえて、フロム・ソフトウェアは同月中にPC向けシリーズ作品のゲームサーバーを停止。脆弱性の原因と解決策の調査を進め、『DARK SOULS III』については8月下旬にオンラインサービスを再開している。

 なお、DirectX 9対応のPC版『DARK SOULS II』および『DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN』、PC版『DARK SOULS REMASTERED』については引き続き対応を進めているようなので、該当タイトルのプレイヤーはフロム・ソフトウェア公式ユーザーサポートのTwitterアカウント(@fromsoftware_sp)で今後の動向をチェックしておくとよいだろう。

PC版『ダークソウル』のシステム老朽化を受けたオンラインサービス終了が発表_002
(画像はPC版『DARK SOULS Prepare To Die Edition』ゲームサーバーに関するお知らせ – News | DARK SOULS Series Siteより)
ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月9日16時~2023年2月9日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ