新宿東口の「3D巨大猫」のビルに『マジック:ザ・ギャザリング』のコラボカフェが爆誕。新セット「兄弟戦争」にちなんだ巨大チョークアートや「MTG」らしいお洒落スイーツを堪能する取材レポート

 世界中で4千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ元祖戦略トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の新セット「兄弟戦争」が11月18日(金)に発売した。

 本セットの発売を記念し、『マジック:ザ・ギャザリング』を手掛けるウィザーズ・オブ・ザ・コースト社は、11月14 日(月)より新宿駅東口スクランブル交差点に面し、「3D巨大猫」で知られるクロス新宿ビジョンにて「兄弟戦争」の収録カードにちなんだ3D映像を放映している。

 さらに、クロス新宿ビジョンのビル一階に位置する「新宿東口の猫のカフェ 」とコラボし、11月18日(金)より「マジック:ザ・ギャザリング『兄弟戦争』ポップアップカフェ」を実施している。

 本記事ではポップアップカフェを取材したレポートをお届けする。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_001

 『マジック:ザ・ギャザリング』は1993年に発売されたトレーディングカードゲームだ。1996年よりホビージャパンが国内向けの販売を開始し、現在はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の日本事業部が国内向けの展開を担当し、発売から約30年経つ現在でも人気の絶えない作品となっている。

 一方、長い歴史による硬派な雰囲気やカードの価格などにより、参入のハードルを感じている読者も少なくないだろう。

 そこで注目したいコンテンツが2017年にサービスを開始した基本料無料のデジタル版『Magic: The Gathering Arena(以下、MTGアリーナ)』だ。同作はゲームをプレイすることで『マジック:ザ・ギャザリング』のルールが覚えられるほか、初期投資なしでゲームを遊ぶことができる。

 この度発売した新セット「兄弟戦争」も11月16日よりMTGアリーナに実装されているため、ハードルを感じている方は『MTGアリーナ』のカラーチャレンジで基本ルールを学び、攻略サイトにアーカイブされているプロモコードやゲーム内通貨でパックを入手し、『マジック:ザ・ギャザリング』の世界に足を踏み入れてみよう。

 今回のポップアップカフェの会場は新宿東口を出てすぐのスクランブル交差点に隣接しており、都内での用事のついでに立ち寄れる神立地となっている。会場の真上のディスプレイにて『兄弟戦争』の映像が定期的に放映されているため、タイミングが合えば巨大な「ファイレクシアのドラゴン・エンジン」が来場者を迎えてくれるはずだ。

 コラボカフェというとグッズの販売とシンプルなコラボメニューが提供されるイメージだが、『マジック:ザ・ギャザリング』ならではのアートワークやスイーツが堪能できる力の入ったイベントとなっているだろう。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_002

 コラボカフェに入店すると、「兄弟戦争」のメインビジュアルを飾るウルザとミシュラの巨大なチョークアートが目を奪う。チョークアートはチョークアーティストの河野真弓氏が手掛けており、本企画のみどころのひとつ。描かれたカードには効果のテキストもチョークで描かれており、見ごたえのある作品となっているだろう。

 取材時には河野氏が実際に作業する様を拝見させて頂いたが、キャンバスのデカさと工数に恐れおののいた。会期の初日から翌日にかけて背景などが加筆されるという。

 チョークアートはカウンターの上や入口の看板にも描かれており、大きなサイズで描かれた「兄弟戦争」のアートワークを存分に楽しめる。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_005
MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_006

 さらに、ポップアップカフェには「兄弟戦争」に収録される「旧枠版アーティファクト」の「設計図」バージョンをイメージした9種の設計図アートが展示される。ビジュアルは発掘されたようなウェザリング処理が特徴となっており、歴代のアーティファクトらしい仕上がりとなっている。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_009

 コラボカフェのメニューはウルザのホットチョコレートミシュラのホット抹茶ラテウルザとミシュラのマカロンアイスの3点がラインナップ。マイトストーンとウィークストーンにちなんだ鮮やかな赤色と緑色が印象的だ。ホットチョコレートと抹茶ラテにはマナ・シンボルやマジックのロゴが刻印されたビスケットが付属する。

 ウルザのホットチョコレートはラズベリークリームとビスケットが載せられたホットチョコレートとなっており、少し酸っぱいクリームと豊かな触感を演出するビスケットで甘さに飽きずに楽しめる。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_010

 ミシュラのホット抹茶ラテは抹茶ラテ抹茶クリームビスケットが載せられたもので、甘さ控えめの抹茶オレと量感のある抹茶クリームが心地よいバランスを産み、なじみ深い抹茶オレに新鮮な魅力を感じられそうだ。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_011

 ウルザとミシュラのマカロンアイスは、マイトストーンとウィークストーンに見立てたカシスと抹茶のアイスを赤と緑のマカロンでサンドし、ビスケットを添えたもの。マカロンの濃密な甘さとカシスの酸味、抹茶のコクが融合し、ビスケットが軽快な触感を与える。『マジック:ザ・ギャザリング』の高貴なイメージをそのまま味覚として楽しめる一品と言えよう。食べ終わるころには、少し大人か、あるいはプレインズウォーカーに近付けるかもしれない。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_012

 上記のほか、ポップアップカフェではブースターパックも販売される。「兄弟戦争」のセットブースターパックのほか、1パックにテーマに沿った20枚が入っており、2パック買えば即座にシールド戦が楽しめる「ジャンプスタート・ブースター」「団結のドミナリア」、「兄弟戦争」の2種用意されている。

 いずれかのパックをポップアップカフェの店頭で2つ以上購入すると、モックスアンバー「設計図」アートコースターが 1 つもらえるキャンペーンも実施。なお、コラボメニューとコースターはなくなり次第終了となるため、注意されたい。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_013

 「兄弟戦争」にはこれまでも登場していたキャラクター「ウルザ」がついにプレインズウォーカーとなっているほか、「パワーストーン」「蘇生」「合体」といったメカニズムが再登場する。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_014
(画像は兄弟戦争|製品情報|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトより)

 規定より異なるマナ・コストを支払うことでよりサイズの小さいアーティファクト・クリーチャーとして唱えられる「試作」、タカラトミーが展開する『トランスフォーマー』とコラボしたカードも収録される。

 さらに 歴代のアーティファクトたちが「旧枠版アーティファクト」としてセット、ドラフト、コレクター・ブースターに封入されるほか、各種ブースター製品に「ボーダーレス版」が、コレクター・ブースターに「拡張アート版」が封入される。アートワークとゲームプレイの双方で「兄弟戦争」を堪能しよう。

MTG「兄弟戦争」のコラボカフェ取材レポート_017
(画像は兄弟戦争|製品情報|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトより)

 この度開催される「マジック:ザ・ギャザリング『兄弟戦争』ポップアップカフェ」の開催期間は11月18日から24日(木)までとなっており、平日は昼の12時から21時まで、土日祝日は11時から21時までとなっている。

 21時まで開店しているため、平日の夜や土日、11月23日(水)の勤労感謝の日などは足を運びやすそうだ。また、テイクアウトでも利用できるため、興味がある読者はぜひ期間中にポップアップカフェに遊びに行こう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月1日06時~2023年2月1日07時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ