『十三機兵防衛圏』オーケストラコンサートが2023年1月7日に東京・葛飾で開催決定。「(VALINE)-」「Seaside Vacation」「-{EDGE OF THE FUTURE}」など約20曲を演奏

 アトラスは11月28日(月)、『十三機兵防衛圏』のオーケストラコンサートを2023年1月7日(土)に開催すると発表した。

 『十三機兵防衛圏』は、13人の少年少女が巨大ロボット「機兵」に乗り込み、街を襲う「怪獣」と戦う姿を群像劇風に描いたアドベンチャーゲーム。開発を『オーディンスフィア』『ドラゴンズクラウン』で知られるヴァニラウェアが担当した。

 2019年11月28日にPS4版が発売され、SF界隈や作品ファンの間で徐々に評判が広まり、2021年には全世界で50万本の販売を達成した。2021年には第24回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門にて審査委員会推薦作品に選ばれるなど高い評価を獲得し、2022年4月にはNintendo Switch版も発売されている。

 11月28日(月)には3周年を記念した特別番組「バズる 焼きそばパンまつり」が配信されており、その中で今回のオーケストラコンサートの開催が発表された形だ。

 こちらのコンサートでは東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が「(VALINE)-」、「Seaside Vacation」「-{EDGE OF THE FUTURE}」など『十三機兵防衛圏』ゲーム全編から印象的な楽曲を20曲近く演奏する。またアトラスとヴァニラウェアのタッグで送り出した作品として『オーディンスフィア レイヴスラシル』『ドラゴンズクラウン・プロ』の代表的な楽曲も奏でられるという。

 会場は東京都葛飾区の「かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール」で、公演時間は2時間程度。昼公演が15時開演、夜公演が19時開演といったスケジュールが予定されている。

 すでに「ローソンチケット」を通したチケットの先行抽選へのエントリーがスタートしており、受付期間は12月4日(日)まで。12月7日(水)の12時に当落発表ののち、12月10日(土)23時まで入金期間を設けるとのことである。チケットは一般指定席のほか、限定アクリルプレート、キャンバスアートが付随する特典付きチケットが発売される形だ。

『十三機兵防衛圏』オーケストラコンサートが2023年1月7日に開催決定1
限定アクリルプレート(画像は「十三機兵防衛圏」オーケストラコンサート公式サイトより)

 『十三機兵防衛圏』のオーケストラコンサートは2023年1月7日(土)に、東京都葛飾区「かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール」にて開催予定。本イベントの詳細については公式サイトなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月31日14時~2023年1月31日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ