いま読まれている記事

宮崎駿氏が手掛けた短編アニメ作品『On Your Mark』が全上映完売し追加上映が決定。2月3日(金)昼12時に映画祭の公式サイトで詳細が発表され、28年ぶりの劇場公開を視聴するチャンスが再び

article-thumbnail-230130f

 調布市文化・コミュニティ 振興財団は1月30日、映画祭「映画のまち調布シネマフェスティバル2023」に関して、スタジオジブリ『耳をすませば』『On Your Mark』の同時上映が全上映完売したため、追加上映を決定したと発表した。

 追加上映の日時やチケット発売情報は、2月3日(金)昼12時に本フェスティバルWEBサイトにて発表されるという。

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_001
(画像はOn Your Mark – スタジオジブリ|STUDIO GHIBLIより)

 『On Your Mark』はCHAGE and ASKAが発表した楽曲「On Your Mark」のプロモーション・フィルムのひとつとして作成され、『耳をすませば』の初公開時に同時上映された。宮崎駿氏が原作・脚本・監督を務めた作品であり、映画祭の告知ツイートによると上映は28年ぶりとなる。

 物語の舞台は地表が放射能で汚染され、病気が蔓延し、人類が地下に住むようになった未来の都市。カルト教団「聖NOVA’S」の施設を襲撃した武装警官が翼の生えた少女と出会い、彼女を逃がすべく奮闘する様が描かれる。

 また、本発表と同日に映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2023」が開始している。映画祭では!『キングダム2 遥かなる大地へ』の衣装や大道具、『シン・ウルトラマン』『護られなかった者たちへ』『メタモルフォーゼの縁側』などの小道具が展示されているほか、樋口真嗣氏のトーク共に実施される 『シン・ウルトラマン』の上映なども実施される。

 映画祭の展示は調布市文化会館たづくりエントランスホールにて実施され、映画はイオンシネマ シアタス調布にて行われる。あわせて調布市グリーンホールにてワークショップや資料の展示も行われるため、興味がある読者は本映画祭の公式サイトをチェックしよう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


映画のまち調布シネマフェスティバル2023開幕!作り手にスポットを当てた映画祭ならではの展示が盛りだくさん!『キングダム2遥かなる大地へ』の衣装や大道具、『シン・ウルトラマン』、『護られなかった者たちへ』、『メタモルフォーゼの縁側』などの小道具を展示!

2月11日から上映されるスタジオジブリ『耳をすませば』では、初公開時に同時上映された、宮﨑駿が原作・脚本・監督を務めた『On Your Mark』を同時上映。9日間の全上映完売の為、急遽追加上映決定!

そして、BEYOOOOONDS 島倉りか出演で話題となった「映画のまち調布」の PR 映像「ガチョシアター」!島倉りか主演の第2弾の公開が2023年春に決定!今回の舞台は、映画の撮影現場!

 映画・映像関連企業が約40社集積する調布市では、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布シネマフェスティバル2023」が1月27日(金)から開幕しました。

 本フェスティバルは、映画・映像をつくるまちならではの独自性があるイベントを展開することにより、「映画のまち調布」のPRを行い、映画・映像を楽しむ機会を創出することを目的とします。開催に先立ち、約7か月にわたり募集した「日本映画人気投票」により、「映画のまち調布シネマフェスティバル」での上映作品を選出し、その中から映画賞「映画のまち調布賞」を決定しました。映画祭では、映画賞授賞式、映画制作の技術スタッフや監督によるトークショー付きの映画上映会、展示、ワークショップ等、各種イベントを開催します。

 文化会館たづくりで開催されている展示では、映画作品の美術設計図やデザイン画をはじめ、『キングダム2遥かなる大地へ』の大道具や衣装、『シン・ウルトラマン』、『護られなかった者たちへ』、『メタモルフォーゼの縁側』などの小道具を展示。より映画の世界を身近に感じられる展示を2月19日まで開催します。

 イオンシネマシアタス調布で上映されるスタジオジブリ『耳をすませば』では、公開当時と同様に、宮﨑駿が原作・脚本・監督を務めた『On Your Mark』を同時上映することが決定しました。約28年ぶりとなる劇場公開は必見です。同時上映発表後、全日のチケットが完売。より多くの人に作品を楽しんでいただくために今回追加上映することが決定しました。

 そして、「映画のまち調布」をPRする短編映像「ガチョシアター」の最新作の公開が決定しました。前作に続き、主役として人気アイドルグループ、BEYOOOOONDSのメンバー・島倉りかを迎え、「映画のまち調布」ならではの映像が作られています。その舞台は映画の制作現場!果たしてどんな仕上がりになっているのか?2023年春、イオンシネマシアタス調布で公開されます。

イベント名:映画のまち調布シネマフェスティバル2023
開催期間:2023年1月27日(金)~2月19日(日)
開催会場:調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマシアタス調布
主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布シネマフェスティバル2023実行委員会詳細はこちら

第5回映画のまち調布賞

主に映画製作の現場を支える技術者や制作会社といった「映画のつくり手」に贈る賞です。映画・映像関連企業が集積する「映画のまち調布」にふさわしい映画賞として、映画文化、芸術、産業の振興に寄与した映画・映像作品及びその製作に貢献した者を顕彰します。

撮影賞、照明賞、録音賞、美術賞、編集賞(技術部門)

受賞対象:映画製作の現場を支える種々の技術者
選考方法:「映画のまち調布シネマフェスティバル2023」で上映可能な第5回日本映画人気投票上位10作品の実写映画をノミネートとし、各賞、映画製作において功績のある映画技術スタッフ等で構成する選考委員会で討議の上、受賞者を決定する。

【ノミネート作品】

『マスカレード・ナイト』、『シン・ウルトラマン』、『護られなかった者たちへ』、『総理の夫』、『そして、バトンは渡された』、『劇場版、きのう何食べた?』、『コンフィデンスマンJP英雄編』、『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』、『燃えよ剣』、『メタモルフォーゼの縁側』

【選考委員】

撮影賞(稲垣涌三、磯貝昇利、根岸宏)、照明賞(西野哲雄、野口益登、長嶋建人)
録音賞(志満順一、小野寺修、中村淳、田辺信道、山本仁志、山本逸美)
美術賞(竹内公一、安藤篤、今井髙司、齋藤卓、鈴木隆之)、編集賞(石島一秀、川瀬功、斉藤和彦、川島章正)

作品賞

日本映画人気投票最上位作品

特別賞

受賞対象:調布市の映画文化、芸術、産業の振興に多大なる貢献と顕著な実績を残した個人若しくは団体又は近年にめざましい活躍をした映画・映像関係者。
選考方法:調布市内の映画・映像企業等で構成する選考委員会で討議の上、受賞者を決定する。

第5回映画のまち調布賞受賞者

撮影賞:鍋島淳裕『護られなかった者たちへ』照明賞:かげつよし『護られなかった者たちへ』録音賞:白取貢『そして、バトンは渡された』美術賞:松尾文子『護られなかった者たちへ』編集賞:木村悦子『メタモルフォーゼの縁側』
作品賞:『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』
特別賞:武藤光成【株式会社アーク・システム取締役会長】
特別賞:宮本まさ江【衣裳・スタイリスト】

第5回日本映画人気投票結果

調布市内在住・在勤・在学の方、イオンシネマ シアタス調布(調布駅前映画館)に来場された方を対象に、2021年9月1日から2022年8月31日までに国内の商業映画劇場で、有料で初公開された日本映画の中から投票していただきました。
投票総数は16,142票

1位『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』
2位『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』
3位『マスカレード・ナイト』
4位『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』
5位『シン・ウルトラマン』
6位『劇場版 呪術廻戦0』
7位『護られなかった者たちへ』
8位『総理の夫』
9位『そして、バトンは渡された』
10位『劇場版 きのう何食べた?』
11位『コンフィデンスマン JP 英雄編』
12位『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』
13位『燃えよ剣』
14位『メタモルフォーゼの縁側』
15位『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』 16位~20位はHPにて発表

日本映画人気投票選出作品上映/映画のまち調布賞関連上映

2 月 12 日(日)10:30 『そして、バトンは渡された』録音賞
トークゲスト:前田哲(監督)、白取貢(録音)
15:30 『マスカレード・ナイト』
トークゲスト:鈴木雅之(監督)

2 月 17 日(金)10:30『夢二』特別賞:宮本まさ江関連作品
15:00 『燃えよ剣』
トークゲスト:原田眞人(監督・脚本)

2 月 18 日(土)10:00 『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』作品賞 13:20 『総理の夫』
トークゲスト:河合勇人(監督)、橋本恵一(プロデューサー)
17:30 『シン・ウルトラマン』
トークゲスト:樋口真嗣(監督)

2 月 19 日(日)10:30 『メタモルフォーゼの縁側』編集賞
トークゲスト:谷戸豊(プロデューサー)

15:30 『護られなかった者たちへ』撮影賞・照明賞・美術賞
トークゲスト:鍋島淳裕(撮影)、かげつよし(照明)

【会場】調布市文化会館たづくりくすのきホール(全席指定)
【料金】前売り 500 円当日 800 円
【チケット購入方法】https://chofucinemafestival.com/

「映画のまち調布賞」授賞式&『シャイロックの子供たち』先行特別上映

【開催日時】2月11日(土・祝)映画賞授賞式17:00
『シャイロックの子供たち』先行特別上映18:10
【会場】イオンシネマシアタス調布スクリーン 10(全席指定)
【料金】1,400 円(授賞式・上映通し券)
【トークゲスト】本木克英(監督)、川瀬功(編集)
【司会】金児憲史(俳優)、楊原京子(俳優)

【チケット購入方法】WEB サイト参照 https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/

『シャイロックの子供たち』(2023年2月17日公開)

監督:本木克英原作:池井戸潤「シャイロックの子供たち」(文春文庫)脚本:ツバキミチオ主演:阿部サダヲ出演:上戸彩、玉森裕太、柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、柄本明、橋爪功、佐々木蔵之介ほか配給:松竹

©2023 映画「シャイロックの子供たち」製作委員会

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_002

【ストーリー】

東京第一銀行の小さな支店で起きた、現金紛失事件。ベテランお客様係の西木(阿部サダヲ)は、同じ支店の愛理(上戸彩)と田端(玉森裕太)とともに、事件の真相を探る。一見平和に見える支店だが、そこには曲者揃いの銀行員が勢ぞろい。出世コースから外れた支店長・九条(柳葉敏郎)、超パワハラ上司の副支店長・古川(杉本哲太)、エースだが過去の客にたかられている滝野(佐藤隆太)、調査に訪れる嫌われ者の本部検査部・黒田(佐々木蔵之介)。そして一つの真相にたどり着く西木。それはメガバンクにはびこる、とてつもない不祥事の始まりに過ぎなかったー。

トークゲスト:本木克英(監督)

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_003

プロフィール

1963 年生まれ、富山県出身。

98 年『てなもんや商社』で監督デビュー。
主な作品は、『釣りバカ日誌』シリーズ 11~13(00~02)、『ドラッグストア・ガール』(04)、『ゲゲゲの鬼太郎』(07)、『犬と私の 10 の約束』(08)、『鴨川ホルモー』(09)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『すべては君に逢えたから』(13)、『超高速!参勤交代』(14)、『超高速!参勤交代リターンズ』(16)、『空飛ぶタイヤ』(18)、『映画少年たち』、『居眠り磐音』(19)、『大コメ騒動』(21)など。

CINE_WORKS 展-映画制作の世界-/映画のまち調布賞受賞者紹介展示

日時:1/27(金)~2/19(日)会場:調布市文化会館たづくりエントランスホール入場無料

映画づくりに関わるスタッフの仕事を紹介します。撮影現場の写真や世界観を作り出す美術設計図やデザイン画、アイディアスケッチのほか、『キングダム2遥かなる大地へ』の大道具や衣装を展示。さらには、『シン・ウルトラマン』、『護られなかった者たちへ』、『燃えよ剣』、『メタモルフォーゼの縁側』などの上映作品に関連する小道具などを展示します。

また、「映画のまち調布賞」受賞者を紹介するパネル展も同時開催。受賞作品の制作秘話なども紹介しています。

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_004

スタジオジブリ『耳をすませば』、『On Your Mark』の同時上映が決定。

9日間の上映チケットが完売のため、急遽追加上映が決定!
『耳をすませば』初公開時に同時上映された、宮﨑駿が原作・脚本・監督を務めた短編作品『On Your Mark』が 28 年ぶりにスクリーンに帰ってきます。CHAGE and ASKA の同名曲のプロモーションフィルムとして制作され、コンサート会場でも上映された本作。同時上映決定後、全回のチケットが完売。急遽追加上映が決定しました。

※追加上映の時間・チケット発売情報は、2月3日(金)12:00に本フェスティバルWEBサイトにて発表致します。

1995 年公開のスタジオジブリ劇場用長編アニメーション『耳をすませば』(近藤喜文監督・宮﨑駿プロデュース)をイオンシネマシアタス調布で上映します。製作当時の 35mmフィルム初号試写に限りなく近づけた映像に加え、公開当時、導入館が少なく体感できなかった 5.1ch のデジタルサウンドを、よりアップデートした状態で再現したDCPでの上映となります。『耳をすませば』をイオンシネマシアタス調布の大型スクリーンと音響環境で楽しめる大変貴重な機会です。

【公開期間】2/11(土・祝)~2/19(日)
【会場】イオンシネマシアタス調布スクリーン10ほか【料金】(全席指定・2本立て)
大人 1,100 円 / 小学生~高校生 1,000 円 / 幼児 900 円
※特別料金のため、各種割引との併用はできません

【上映時間・チケット購入方法・発売日】
※2/3(金)にてシネマフェスティバル WEB サイトに発表https://chofucinemafestival.com/

フェスティバルでは、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』に続くスタジオジブリ作品上映です。
©1995 Studio Ghibli 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

『耳をすませば』上映記念映画のまち調布シネマフェスティバル Twitter フォロー&RT キャンペーン開催中

映画のまち調布シネマフェスティバル限定「木製図書カードしおり(3枚1組)」が合計30名に当たるTwitterフォロー&RTキャンペーンを開催中。

【開催期間】第3回:2022 年 2/10(金)12:00~2/19(日)23:59
アカウントフォロー後に、該当ツイートを RT してください。
【アカウント】映画のまち調布シネマフェスティバル Twitter @chofu_cinefes
https://twitter.com/chofu_cinefes
【プレゼント数】合計 30 名(第 1 回終了、第 2 回終了、最終回 10 名)

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_011

©1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

その他「映画のまち調布シネマフェスティバル 2023」イベント情報一覧※上映会太字

【調布市グリーンホール開催】

2 月 4 日(土)Chofu JAZZ Junction Vol.3

2 月 11 日(土・祝)井上あずみファミリーコンサート

2 月 12 日(日)ちょうふ親子映画上映会『おこんじょうるり』
※ワークショップ同日開催

【調布市文化会館たづくり開催】

1 月 21 日(土)~2 月 23 日(木・祝)鬼原美希展たびするおりびと

2 月 9 日(木)『愛のこむらがえり』先行特別上映

2 月 11 日(土・祝)~2 月 19 日(日)「映画のまち調布」みんなのワークショップ~撮影・照明編~ 2 月 11 日(土・祝)~2 月 19 日(日)提携事業:令和4年度文化庁委託事業「アーカイブ中核拠点形成モデル事業」展示映画はいかにして作られ、そして楽しまれてきたか~最新調査で発見された映画資料展~ 2 月 11 日(土・祝)~2 月 19 日(日)「映画のまち調布」紹介&俳優サイン・衣装展示
2 月 11 日(土・祝)~2 月 19 日(日)出張!映画資料室-ポスターに見る日活・大映の宣伝- 2 月 19 日(日)高校生フィルムコンテスト上映会2 月 19 日(日)カナダ・ケベック州関連イベント

2 月 24 日(金)ちょうふ市民カレッジ氷川竜介「特撮が高める〝空想力〟の可能性」

【イオンシネマシアタス調布開催】

1 月 27 日(金)~2 月 2 日(木)『トップガンマーヴェリック』

1 月 27 日(金)~2 月 2 日(木)水木しげる生誕100周年記念上映『ゲゲゲの鬼太郎日本爆裂!!』 2 月 3 日(金)~2 月 9 日(木)『耳をすませば』2月18日(土)『37セカンズ』

映画のまち調布 PR 映像、島倉りか(【BEYOOOOONDS)主演で第二弾の公開決定

『On Your Mark』の追加上映が決定。2月3日に映画祭公式サイトで詳細を発表_012

Hello! Project に所属するアイドルグループ BEYOOOOONDS のメンバーの1人で大の映画好きとして知られる島倉りか(22)が主演する映画のまち調布 PR 短編映像「ガチョシアター」の第2弾の公開が決定した。

昨年、公開された「ガチョシアター映画と育つ編」(島倉主演の第1弾映像)が公開から約半年で 10,000 回再生という、市としては異例のヒットを記録したことを受け、調布市が改めて島倉の続投を依頼したものとなっている。

東京都調布市は市内に約40社の映画・映像関連企業を擁する「映画のまち」を掲げて映画によるまちおこしに力を入れているが、その一環として、応援キャラクターであるガチョラが登場する短編映像「ガチョシアター」を 2019 年から制作してきた。2022 年度版を制作する際、主演女優を決めるに当たり、島倉が自身のブログで映画に関して度々熱心な書き込みをしていることを知ったスタッフが出演を依頼して、島倉と調布市との関係は始まったが、ファンの間でも島倉とガチョラとの物語が「可愛い」「癒される」と好評で、再度の共演を願う声が上がっていた。
第1弾では島倉が小さなガチョラを映画好きに育てていくというストーリーだったが、今回はスタッフとして映画作りに従事する島倉とそれを見守るガチョラの物語となっている。

【第一弾】https://www.youtube.com/watch?v=G7tEHVb6_CQ

因みにこの 30 秒の短編映像「ガチョシアター」は、調布駅前にある映画館、イオンシネマシアタス調布でも全ての映画が上映される前の時間帯で観ることが出来る。島倉主演第2弾となる 2023 年度版の「ガチョシアター元気とお弁当編」は4月中旬からシアタス調布で、5月から調布市観光協会の YouTube チャンネルで公開される予定。
30 秒という短編ではあるが「映画のまち」ならではの映画に対する愛情が感じられる作品になっているので、是非その目で確かめて欲しい。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月17日15時~2024年6月17日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧