いま読まれている記事

『暖雪 Warm Snow』のプレイヤー数がDLCのリリースを機に急増中。東洋のダークファンタジー世界を舞台とした、スピーディーで爽快感のあるローグライクアクションゲーム

article-thumbnail-2312062a

BadMudStudioが開発し、bilibiliがパブリッシャーを務めるローグライクアクションゲーム『暖雪 Warm Snow』が現在Steam上で人気だ。

ローグライクアクション『暖雪 Warm Snow』のプレイヤー数がDLCのリリースを機に急増中_001
(画像はSteamDBより)

SteamDBによれば、記事執筆時点で直近の最大同時接続者数が約3万6000人と急上昇中。これは、12月5日に配信されたDLC「暖雪 Warm Snow – 终业」によるものと思われる。

※動画はPS5/PS4版のもの

『暖雪 Warm Snow』は、東洋のダークファンタジー世界を舞台としたローグライクアクションゲームだ。奇妙な溶けない暖雪が人々を暴走する怪物へと変えた、混沌とした世界。プレイヤーは謎の戦士「狴犴」として、強敵たちとの戦いを通して暖雪の謎を解き、疫病から世界を救うのが目的となる。

ローグライクアクション『暖雪 Warm Snow』のプレイヤー数がDLCのリリースを機に急増中_002

本作で特徴的なのは、飛び道具である「飛剣」と、それを回収する「剣・返」というシステム。「宗派」と呼ばれる飛剣の性能を変更・強化する要素や、道中で手に入る武器やレリック、スキル等を獲得し組み合わせることで、爽快感のあるスタイリッシュなアクションが楽しめる。

Hades』とも似ているような、アクション要素強めのローグライクである本作はユーザーからも好評で、Steam上では2万6000件以上のレビューにおいて「非常に好評」となっている。

『暖雪 Warm Snow』は現在Steam上でセール中で、本体が30%引きの1288円、最新DLC「暖雪 Warm Snow – 终业」は10%引きの720円で購入可能だ。日本語に対応しており、無料の体験版も用意されているので、気になっている人はまずプレイしてみるのはいかがだろうか。

ライター
物心ついたころからFFとドラクエと共に育ち、The Elder Scrolls IV: オブリビオンで洋ゲーの沼にハマる。 ゲームのやりすぎでセミより長い地下生活を送っていたが、最近社会にリスポーンした。 ローグライクTCG「Slay the Spire」の有志翻訳者。
Twitter:@Gre_zzz

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月25日15時~2024年4月25日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ