いま読まれている記事

Keyが手掛ける「AR」がテーマの新作SFノベルゲーム『虹彩都市(こうさいとし)』発表。ARが実物と同様に見える世界で、「初恋の少女の電子幽霊」に出会う

article-thumbnail-231215y

Keyは12月15日、新作キネティックノベルゲーム『虹彩都市(こうさいとし)』を発表し、あわせてティザーサイトを公開した。

本作は2024年に発売される予定で、対応プラットフォームはWindowsのPCとなる。

 Keyの「キネティックノベル」シリーズは、選択肢を極力排した3~5時間ほどのプレイ時間で完結するノベルゲームだ。

このたび発表された『虹彩都市(こうさいとし)』は人類が眼を機械化し、ARを本物と同様に認識できる近未来、人々の視界をARネットワーク「ADONISアドニス」が管理することにより世界で最も安全な完全AR対応都市「0(ゼロ)区」が舞台となっている。

物語は、0区で不穏分子から都市を守る「一級捜査官」であった主人公「喰木紫苑(くらうきしおん)」が陰謀によりとある事件に巻き込まれ、失意の先で初恋の少女「百花もか」の電子幽霊に出会い展開していくという。

シナリオをさまざまなライトノベル作品や『LUNARiA -Virtualized Moonchild-』を手掛けた松山剛氏が担当し、原画を「初音ミク」のデザインなどで知られるKEI氏が担当する。

発表された開発スタッフは以下のとおり。

原画:KEI
シナリオ:松山剛
音楽プロデューサー:折戸伸治
プロダクトデザイン:からます
モニターグラフィックス/ARグラフィックデザイン:Richard Falcema
OPテーマ歌唱:nonoc
原案:妹尾ありか
ディレクター:yucchi
プロデューサー:丘野塔也

未だ明かされていない情報も多いため、本作に興味がある読者はKey開発室の公式X(旧Twitter)アカウントをチェックして続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日03時~2024年5月29日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ