いま読まれている記事

猫になって夜回りするTRPG『夜のあしあと』のゲームシステムが公開。魔法が息づく夜をパトロールし、なわばりやヒトの平穏を守っていく「サタスペ」「シノビガミ」の河嶋陶一朗氏による新作テーブルトークRPG

article-thumbnail-231227g

KADOKAWAが展開する富士見書房の文庫レーベル・富士見ドラゴンブック編集部は12月26日、猫になって夜回りをするテーブルトークRPG『夜のあしあと』の公式サイトを公開した。

『夜のあしあと』のルールブック価格は税込1980円で、発売日は2024年1月19日を予定している。

『夜のあしあと』は、猫になって一晩の冒険を楽しむテーブルトークRPGだ。プレイ人数はゲームマスターが1人、プレイヤーが2~4人となっており、1回のセッションあたりに必要なプレイ時間は2~3時間としている。

本作の舞台は人間が普段のように過ごしている「昼」の領域と、人知れずその支配が崩れ魔法が息づく「夜」の領域という、ふたつの側面を持った世界だ。猫たちはヒトの寝静まった夜をパトロールし、時には異世界から現れる「ヨナ」と呼ばれる来訪者を追い払って、なわばりやヒトの平穏を守っていくことになる。

本作ではプレイヤーは演じたい猫の生き方に応じて「野良猫」、「飼い猫」、または夜の魔法で猫になってしまった存在である「迷い猫」のいずれかを選び、自らの分身であるPC(プレイヤーズキャット)としてゲームをプレイしていくことになる。

ゲーム中では、猫同士の集会(ギャザリング)を行い、ほかの猫とチームを組んで団地や広場、ヒトの町を行き来しながら事件を調査していく。猫たちは夜にだけ使える魔法を持っており、夜中には異次元の来訪者「ヨナ」との戦闘になることもある。

また本作では、猫が気まぐれな生き物ということを反映した「気持ち」という特徴的なシステムも搭載。PCたちはそれぞれ最大3つの気持ちを持ち、その気持ちによって取れる行動が変化するという。またそれぞれの猫の生き方によって、なりやすい気持ちも変化するようになっているとのことだ。

猫になって夜回りするテーブルトークRPG『夜のあしあと』のゲームシステムが公開_009

このほかにも本作では、ヒトの言葉の多くを理解していない猫の視点を反映し、「ごはん」「おやつ」などのよく覚えている言葉以外を喋ってはいけない“禁句”システムや、その“禁句”となっている経験を猫になりきって表現し、概念を共有することで自由に話せるようにする“ニャラティブ”といったシステムを搭載しているという。

本作のゲームデザインは、国産TRPGの老舗である冒険企画局の河嶋陶一朗氏が担当。河嶋氏は大阪の街を駆け巡るアジアンパンクTRPG『サタスペ』や、ダンジョン王国TRPG『迷宮キングダム』、忍者TRPG『シノビガミ』といった作品の制作で高い評価を得てきており、本作は『初音ミクTRPG ココロダンジョン』以来の約6年ぶりの完全新作TRPGとなる。

『夜のあしあと』は現在、公式サイトにてゲームシステムを公開中だ。ルールブックの価格は税込1980円で、発売日は2024年1月19日を予定している。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月30日00時~2024年5月30日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ