いま読まれている記事

『ブレイブルー』のローグライトアクションゲームが正式リリース。新キャラクター「タオカカ」登場、「2vs10」のバトルに臨むオンラインモードもテスト実装

article-thumbnail-240131n

開発元の91Actは1月31日(水)、『ブレイブルー エントロピーエフェクト』を正式リリースした。リリースを記念し、2月13日(火)までゲーム本編が22%オフの1989円となるセールを開催している。

本作は『ブレイブルー』シリーズのスピンオフ作品にあたり、91Actがアークシステムワークスからライセンスを受けたうえで制作してきたタイトルである。プレイヤーは現実と仮想が融合した意識訓練装置「ACE」を通じて『ブレイブルー』原作シリーズのキャラクターたちを操り、さまざまな試練に挑んでいく。

2023年8月に早期アクセス版として配信を開始した本作は、対戦格闘ゲームとして知られる本編とは異なり、ローグライトアクションゲームとなっている。特に豊富なアクション能力向上スキル「ポテンシャル」と「戦術」を自由に組み合わせることで生まれる、幅広いキャラクターカスタマイズが特徴だ。

正式版では新たなプレイアブルキャラクター「タオカカ」をふくめ、200以上の戦術、300以上のポテンシャルが実装済み。カスタマイズシステムにもさまざまに手がくわえられており、よりバリエーションに富み、かつストレスを軽減したキャラクター育成が楽しめるという。

また新要素として、オンラインモード「エントロピー戦場」がテスト実装されている。こちらはフレンドと一緒に「2vs10」のバトルに臨めるものとなるそうだ。

さらに正式リリースにあわせ、アバターロボットや設定資料集がセットになったDLC第1弾と、ゲームオリジナルサウンドトラックも同時発売。ゲーム本編とこれら追加コンテンツをセットにしたバンドルは35%オフの2122円で販売されている。

『ブレイブルー エントロピーエフェクト』正式リリース_001
(画像はSteam『ブレイブルー エントロピーエフェクト』ストアページより)

『ブレイブルー エントロピーエフェクト』は1月31日(水)より正式版を販売中。気になる方はストアページやSteamのお知らせなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日00時~2024年6月18日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧