いま読まれている記事

タルコフライクな協力型FPS『Incursion Red River』4月10日より早期アクセス発売。最大4人で協力プレイが可能。プレイヤーは内戦状態に陥ったベトナムを舞台に、汚れ仕事を引き受ける兵士となる

article-thumbnail-240403c

ベトナムを舞台にしたタルコフライクな協力型FPS『Incursion Red River』の早期アクセス版が4月10日よりPC(Steam)に向けて配信される。発売日にリリース記念セールとして、4月22日まで価格が20%オフになるようだ。

Steamストアページによると、本作はベトナムが内戦状態に陥った状況を舞台に、最大4人で救出ミッションなどに挑める協力型シューティングゲームだ。プレイヤーは、秩序の崩壊したベトナムで暴走するギャングや民兵、軍事組織などの汚れ仕事を引き受ける兵士となり、無慈悲な戦場へと身を投じる。

プレイヤーは3つの異なるPMCから契約を結び、ミッションをクリアして評価をあげ報酬を獲得できる。報酬はベンダーにて新たな装備を獲得するために使用可能だ。

武器は遠距離狙撃用のものから強襲用のものまで複数登場し、銃身、ハンドガード、フォアグリップ、ストック、サイト、マガジンなどこまめにカスタマイズ可能となっている。一例として、AK(マシンガン)を長距離ライフルに魔改造するといった自由度の高さも存在する。

また、プレイヤーは自らのアジトにて戦闘準備をすることができる。ここでは新たな契約を受けたり、他のプレイヤーを招待して射撃場での武器テストやアイテム・武器などの購入が可能だ。基本的にミッションが終了すると、プレイヤーはここに集う。

なお、公式のXアカウントによると、本作のウィッシュリスト数は既に10万人を超えるほどの人気を見せているという。

『Incursion Red River』の早期アクセス版は4月10日(水)よりPC(Steam)に向けて配信される予定だ。発売日にはリリース記念セールとして、4月22日まで価格が20%オフになる。本作が気になった方は、ぜひウィッシュリストに登録してみてほしい。

なお、記事執筆時点で対応言語に日本語はふくまれていない

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月18日18時~2024年4月18日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ