いま読まれている記事

ゲルマンの奇襲により敗戦した「ローマ兵」として冒険するサバイバルクラフトゲーム『Lost Legions』発表。最大4人でプレイ可能、オープンワールドの世界で装備や拠点をクラフトし、ローマの名誉を奪還せよ

article-thumbnail-240425m

Tarock Interactiveは4月25日、米IGN敗戦後に生き残ったローマ兵として冒険するサバイバルクラフトゲーム『Lost Legions』を発表した。本作の対応プラットフォームはPC(Steam)で、発売時期は2025年の前半を予定している。

本作の舞台は古代ローマのドイツ周辺地域で、プレイヤーはゲルマンの奇襲によりすべて失ったローマ兵としてオープンワールドの世界を冒険し、やがてローマの名誉を取り戻す戦いに挑んでいく。

映像は米IGNより公開されたトレーラー

フィールドはオープンワールドで、ゲームは最大4人での協力プレイに対応している。字義通り全てを失った主人公は「名誉の回復」以前に生存に努める必要があり、広大な世界で資材を集め、装備や拠点の建設を行うこととなる。

戦闘においては狩猟のほか、敵対NPCとの戦闘も展開。近接だけでなく遠距離武器も存在し。Steamストアページにはスキル要素も用意されているという。

また、作中には味方となるNPCの兵士も登場し、プレイヤーのために資材を集めたり、派遣して探索をさせることもできるという。ストーリーとしては「植民地主義」と「帝国主義」のトピックを扱った裏切りと生存に関する物語が描かれる。執筆時点で不明な点も多いが、ユニークな設定を活かした作品として期待したい。

興味がある読者は、本作をウィッシュリストに登録し続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日20時~2024年5月29日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ