いま読まれている記事

「人間スコア」が”最低”と評価された少年による銀河鉄道の旅路を描くアドベンチャーゲーム『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。『NEEDY GIRL OVERDOSE』のWSS playground新作

article-thumbnail-240525f

インディーゲームレーベルのWSS playgroundは、アドベンチャーゲーム『少年期の終り』を9月6日に早期アクセス版としてリリースすると発表した。またあわせて新規PVを発表している。

対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は1500円。

『少年期の終り』は、進路、初恋の相手、日々の食事についてすら決められる世界を舞台にした、連載形式のジュブナイルSFホラーアドベンチャーゲーム。

舞台は、機械仕掛けのオーバーロード「R・カレルレン」によってすべてのことを「人間スコア」として評価されている世界。

主人公のジョバンニは全人類の中で最も低い「人間スコア」を持つ少年。日々、食事・授業などすべての活動でスコアの低さゆえにシステムからも「区別」をつけられている。学校の同級生からはリアル、ネット上の双方でひどくいじめられている。

しかしある日、突如として学校中の環境すべてがジョバンニを襲い、より「人間らしく」スコアが高くなるように作り変えようとしてくる。その恐怖に追われるなか、変わり者の天才として有名な上級生カムパネルラに誘われるように運転手のいない銀河鉄道に飛び乗り、宇宙の果てにある「紅きサザンクロス」を目指す旅路に巻き込まれる。

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

ゲームはジョバンニを操作する探索型アドベンチャーゲームのようで、ユニークな世界観と緻密なドット絵が特徴的だ。

アドベンチャーゲーム『少年期の終り』を9月6日に早期アクセス版としてリリース予定。Steamストアページもオープンしているので、気になった人はウィッシュリストに登録してみてはいかがだろうか。

プレスリリース全文は以下のとおり。


『NEEDY GIRL OVERDOSE』のWSS playground新作、AIによってすべてが決められる世界で、「人間」と「人間でないもの」を巡り「連載形式」でストーリーが展開していくジュブナイルSFホラーADVゲーム『少年期の終り』2024年9月6日早期アクセス開始の発表のお知らせ

インディーゲームレーベル“WSS playground”(https://whysoserious.jp/)(運営:株式会社ワイソーシリアス)は、ADV「少年期の終り」の早期アクセス開始日を2024年9月6日であることと、新規PVを発表いたしました。

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

youtubeリンク:https://youtu.be/7sa6wqqnJ5I

ゲーム概要
「人間」として最低の価値であるとAIに決められた少年が、自分の生存を賭けて
銀河鉄道で旅立つ。敵か味方かもわからない、妖しい少年とともに。
『少年期の終り』は累計販売本数150万本以上を誇る『NEEDY GIRL OVERODOSE』のプロデュース・編集を手掛けた
WSS playgroundが送る連載型ジュブナイルSFホラーアドベンチャーゲームです。
※本作はいじめ描写、暴力表現を一部含みます

ゲーム詳細
『少年期はいつ、終わるのか。人間と人間でないものが、闘争と逃走の果てにその答えを見出すだろう。』

「少年期の終り」は機械仕掛けのオーバーロード「R・カレルレン」によってすべてのことを「人間スコア」として評価され、進路、初恋の相手、日々の食事についてすら決められる世界を舞台にしたジュブナイルSFホラーアドベンチャーゲームです。

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

主人公のジョバンニは全人類の中で最も低い「人間スコア」を持つ少年。日々、食事・授業などすべての活動でスコアの低さゆえにシステムからも「区別」をつけられています。もちろん「学校」の同級生からもリアル、ネット上の双方でひどくいじめられています。

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

しかしある日、突如として学校中の環境すべてがジョバンニを襲い、より「人間らしく」スコアが高くなるように「作り変えよう」としてきます。その恐怖に追われるなか、変わり者の天才として有名な上級生カムパネルラに誘われるように運転手のいない銀河鉄道に飛び乗り(そして乗っ取り)、宇宙の果てにある「紅きサザンクロス」を目指す旅路に巻き込まれます。

『少年期の終り』が9月6日にリリース決定。「人間スコア」が

彼らの行く先々で、過去の偉大な統治者たちに対して、無軌道で破壊的な「いたずら」を行い、この世界の歴史、歪みや謎、そして恐怖に出会う中で、彼らは自らの「少年期」の終わりと向き合うことになります。

さぁ、銀河鉄道の出発の時間です。彼らが(無意味に)たくさん鳴らす汽笛の音が聞こえてきますね。
乗車券はわずか1500円ですよ!彼らと旅に出ませんか?

登場人物

ジョバンニ:
『うるさいな! 君たちの面倒な理屈はどうでもいいけど、とにかく僕は人間なんだ! 人間なんだから、人間扱いをしろ!』
指名手配されている父を持ち、人間スコアが最低の少年。人間からもシステムからもひどい扱いを受けている。
性格はひねくれていて口も非常に悪いが家族思いで、入院している姉のために医療費を稼ぐ必要に迫られている。
人間が自分でプログラミングをしなくなって久しい時代に、未だに自分自身でコードを書くという古い職人技術を身に着けており、その技術を用いてダークウェブの「裏バイト」を日々こなしている。

カムパネルラ:
『さぁ、「人間」の可能性! もっと俺に見せてくれよ! 作り物じゃできないような、予想もつかなくて、なにもかも、だいなしにしてくれそうなやつをさ!』
「学校」でも学年一位の人間スコアをもち、文武両道ですべての能力が高いが、突発的な奇行が多くスコアの減点も学年一位という極端な青年。
「人間」を非常に尊重しており、ヒトならざる知性・機械である「R」たちに対しては傲慢な態度を取る。しかし、必要もないのに「R」たちに話しかけたり、戯れたりしている姿もよく目撃されている。

steam紹介ページ: https://store.steampowered.com/app/2403290
PV:https://www.youtube.com/watch?v=7sa6wqqnJ5I
■開発元: WSS playground, buriki clock
■販売元: Alliance Arts
■ジャンル: ジュブナイルSFホラーアドベンチャーゲームADV
■対応機種:PC(win)
■早期アクセス開始日:2024年9月6日予定
■販売価格:1500円予定
© WSS playground All Rights reserved.

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日01時~2024年6月18日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧