いま読まれている記事

“カモ”として生きるオープンワールドサバイバルゲーム『DUCKSIDE』の体験版が公開中。『DayZ』『Rust』などの人気作から影響を受けつつ、カモならではの空の旅と空中戦も楽しめる作品

article-thumbnail-2406112c

海外パブリッシャー(販売元)のtinyBuildは、日本時間6月11日(火)から開催中の「Steam Nextフェス 2024年6月エディション」にあわせて、“カモ”として生きるオープンワールドサバイバルゲーム『DUCKSIDE』の体験版を公開している。

体験版のサーバーは日本時間6月7日(金)から第2回のベータテストを兼ねる形でオープンされているが、6月11日時点でワイプ(ゲームデータのリセット)を実施済み。ワイプについては日本時間14日(金)午前2時と18日(火)午前2時にも実施される予定だ。

『DUCKSIDE』は、装備・アイテム類のクラフト要素や拠点となる建築物の設置、そして別プレイヤーが建てた建築物への襲撃(レイド)などの要素を“カモ視点”で体験できるオープンワールドサバイバルゲームである。

本作は同ジャンルの人気作である『DayZ』や『Rust』から影響を受けている作品だが、大きく異なる点はプレイヤーキャラクターが「カモ」であり、ゲーム開始時点から飛行能力を有している点だ。

『DUCKSIDE』の体験版が公開中。“カモ”として生きる『DayZ』『Rust』風オープンワールドサバイバルゲーム_001
(画像はSteam『DUCKSIDE』より)
『DUCKSIDE』の体験版が公開中。“カモ”として生きる『DayZ』『Rust』風オープンワールドサバイバルゲーム_002
(画像はSteam『DUCKSIDE』より)

作中では上昇・加速だけでなくホバリング、急降下もできるほか、飛びながら武器を構えることで空中戦に突入することも可能となっている。

上記のほか、ストアページの情報によると、作中では“羽無し”とも呼ばれる人間のNPCも登場。人間から奪うことでも物資をたくわえられるという。

『DUCKSIDE』の体験版が公開中。“カモ”として生きる『DayZ』『Rust』風オープンワールドサバイバルゲーム_003
(画像はSteam『DUCKSIDE』より)
『DUCKSIDE』の体験版が公開中。“カモ”として生きる『DayZ』『Rust』風オープンワールドサバイバルゲーム_004
(画像はSteam『DUCKSIDE』より)

執筆時点で『DUCKSIDE』の体験版の配信終了日は告知されていないため、興味があればまずはダウンロードしつつ、ウィッシュリストへの登録とSteamニュースハブのフォローを済ませて続報を待つとよいだろう。

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月22日21時~2024年6月22日22時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

ランキング

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧