MMORPGをソロプレイにしたような、生産重視の生活RPG『ファンタジーライフ』のスマホ版が、いよいよ本格始動【レビュー:ファンタジーライフ オンライン】

 広大なフィールドを仲間とともに駆け回り、敵を倒して冒険しつつ、採掘や釣りで素材を集め、町に戻って生産を行う──大規模オンラインゲームをオフライン化したようなレベルファイブの人気作『ファンタジーライフ』

 2012年にニンテンドー3DSで公開されていたこの作品をスマホ用に改修し、オンライン要素を強めたゲームが2018年の夏から公開されています。
 『ファンタジーライフ オンライン』です。通称『FLO』

 MMORPGをひとり用にした原作に、MORPGの要素を追加して、ソーシャルゲーム化したような作品。
 ジャンルとしては見下ろし型のアクションRPGになります。

※「MMORPG」は大規模多人数オンラインRPG(Massively Multiplayer Online RPG)の略で、数百人から数千人のプレイヤーが生活している世界に参加するゲームのこと。代表作は『Ultima Online』や『ラグナロクオンライン』、『ファイナルファンタジーXIV』や『ドラゴンクエストX』など。
「MORPG」は少人数のオンラインRPG(Multiplayer Online RPG)で、数人のプレイヤーがパーティーを組んで冒険を行うゲーム。『ディアブロ』や『ファンタシースターオンライン』、『モンスターハンター』など。

 ソシャゲ化しているので、仲間キャラクターやレア装備の入手はガチャになっていますが、アクションRPGなのでプレイヤーのテクニックでカバーでき、課金は必須とはいえません。
 また、ゲームの進行で頻繁に課金通貨をもらえるので、無課金でもかなりガチャは行えます。
 ただし、スタミナは存在します。

 『ファンタジーライフ』シリーズはキャラクターが可愛らしく描かれている、ほのぼのした世界観のため、”『ラグナロクオンライン』のソロバージョン”と表現されることが多いようですが、採集や生産活動が重視されており、ゲームとしては『Ultima Online』のほうが近い印象です。
 『どうぶつの森』と比較されることもありますが、戦闘があるためかなり異なります。

 「既存のMMORPGをソロプレイ用にして、日本流に再構築する」というコンセプトだったようで、そんなゲームをレベルファイブが作ったら…… といった内容ですね。

 公開は2018年の夏ですが、現在『本格始動キャンペーン』と称して、イベントや特典配布が行われています。(2月末まで)
 「本格始動って、じゃあ今までは何だったんだよ」と思わなくもないですが、当初想定していた内容がようやく一通りそろった、というところでしょうか。
 注目作であり、この機会にレビューしておきたいと思います。

 当面は「メインストーリー」の「クエスト」に沿ってゲームを進めていきます。
 画面をスライドして移動し、タップで攻撃。
 連打による連続攻撃や、タメ攻撃も繰り出せます。

 操作感はかなり良く、タッチパネルでも快適にプレイできます。
 同じ見下ろし型の3DアクションRPGには『白猫プロジェクト』『ドラガリアロスト』がありますが、『白猫』のような軽快なアクションが可能で、『ドラガリ』のような操作のクセはありません。

 これらのゲームと違うのは、広くて自由に散策できる、一本道ではないフィールドが用意されていて、クエストはその中で進行すること。
 目的地は指示されますが、ぜんぜん違う場所に寄り道をして、木を伐ったり魚を釣ったり、自由にして構いません。
 手に入れた素材は町で加工できるため、ついでに採取もしたほうがゲーム的にも有利です。

 冒険は4人パーティーで行い、操作キャラ以外の3人はAIで自動行動します。
 戦闘で一緒に戦ってくれるのはもちろん、自分が釣りや採掘を習得していなくても、仲間に釣り師や採掘師がいれば代わりにやってくれます。
 また、操作するキャラは自由に変更でき、仲間キャラでプレイすることも可能です。

 クエストをクリアするか、任意に帰宅すると町の画面になります。
 町といっても最初は何もないのですが、木を伐り、施設や商店を建て、自ら町を作っていきます。

 基本となる生産施設は少額のコインだけで建てることができます。
 ただし生産をするには生産職になり、職業レベルを上げなければなりません。

 このゲームには「ライフ」と呼ばれる12の職業があります。
 このうち戦闘職は王国兵士・傭兵・狩人・魔法使いの4つ。
 他に採掘師・木こり・釣り人の3つの採取職と、料理人・鍛冶屋・大工・裁縫師・錬金術師の5つの制作職があります。

 3分の2が生産系という点を見ても、このゲームがどれだけ生産重視なのかがわかるでしょう。
 経験値の入手量も、戦闘より採取のほうが多かったりします。

 ライフ(職業)は少しゲームが進めば、いつでも好きなものに変更することができます。
 そしてメインストーリーとは別に、チュートリアルも兼ねた、それぞれのライフの物語とクエストが用意されています。

 前述したように採取や生産を仲間に任せられるので、全部自分でやる必要はないのですが、逆にすべて自分で習得することも可能。
 どのライフから進めても良いし、とにかく自由度の高いゲームです。

 メインストーリーを進行させれば、新しいフィールドがアンロックされていきます。
 最初は草原だけですが、森、洞窟、滝、海岸などがオープンしていき、自由に狩りや採取を行えるようになります。

 メインストーリーは、ボリュームが少ないというほどではありませんが…… すでに公開から半年経っているゲームであることを考えると、あまり多いとはいえません。
 集中して進めれば、数日で(2019/1/31時点の)ラストまで行き着くでしょう。

 ただ、メインストーリーの終わりに複数のフィールドがまとめてアンロックされ、その時点ではとても敵わないような大ボスも各地に登場。
 それに関連するクエストも多数追加され、マルチプレイ用のクエストや、「神の塔」と呼ばれるソロ用バトルステージなど、多くの仕様が追加されます。
 各ライフ(職業)のクエストも、メインストーリー並に長いです。

 MMORPGの多くは、クエストはゲームの中心的なものではなく、代わりに広大なフィールドが用意されていて、「さあ、ここで自由に冒険してください」といったスタンスです。
 今作は3DSやスマホのゲームなので、一般的なクエスト主体のシステムになっていますが、MMORPGを元にしたゲームであることを考えると、メインストーリーが終わってからが本番といえるでしょうか。

 App StoreやGoogle Playの評価はそれほど高くありませんが、「ガチャでレアが出なかった。★1」や「うちの機種ではバグる。★1」といったレビューが多いためなので、気にしなくても良いでしょう。
 「ソーシャルゲーム×レベルファイブ」ということで低年齢層のプレイヤーが集まりますから、そうした評価が増えるのは仕方ないところでしょうか。

 ちなみに、ガチャで最高レアの★5が排出される確率は4%で、むしろ高いほう。
 必要動作スペックは3DグラフィックのアクションRPGですから相応に高く、iPhoneだと最低でも6以降である必要があります。

 MMORPG風といっても、実際にはMMOではないので、大勢の人々がいる世界で活動するという楽しみはなく、それとなく通りすがりの人に姿や強さを自慢することもできません。
 一方で、ソロなので狩り場での獲物の取り合いはなく、キャラクターもテンポ良く成長していきます。

 ゲームの面白さとしては、『アトリエ』系に近いといえるでしょうか。
 MMORPGの経験がある人、生産職でオンラインゲームをやっていた人、および生産系のゲームが好きな人に、特におすすめの作品です。

ファンタジーライフ オンライン

さまざまな職業で生活できる生産重視のアクションRPG

(画像はファンタジーライフ オンライン – AppStoreより)

・見下ろし型アクションRPG
・レベルファイブ(日本)
・アプリ本体無料、課金・ガチャ・スタミナあり

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

 

【田中圭一連載:レベルファイブ編】「子どもたちとの信頼関係を築くため、原作との乖離を埋めよう」イナズマイレブン、ダンボール戦機、妖怪ウォッチ……日野晃博の作品に賭ける想いが、数々のクロスメディアを成功に導いた【若ゲのいたり】

 1980〜1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』。

 

 第14回は、1998年に設立して以来ヒットタイトルを数多く生み出し、2018年で20周年を迎えた福岡のゲームメーカー・レベルファイブを牽引する、日野晃博さんをゲストにお迎えしました。

関連記事:

FF14にGLAYのTERUがいたので取材申し込んだらOKされちゃった! MSXから始まる濃厚なゲーム歴、そして初MMOの興奮を訊く【聞き手:「光のお父さん」マイディー】

元でんぱ組“最上もが”のゲームに救われた実話──5アカ3PCを両手両足で操作するほどだった彼女がネトゲを引退し、異世界転生を考えた末に復帰するまで

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ