「東京ゲームショウ」三代目オフィシャルサポーターに有野課長──TGSの魅力を幅広い層の方に伝えるため、まずは報道陣と名刺交換

どーも『ゲームセンターCX』課長の有野です。

 

今回、東京ゲームショウ2018のオフィシャルサポーターという大任を仰せつかりました。

でも、ご存知ですか? 東京ゲームショウ2018。最新のゲームを紹介する一大イベントです。

 

課長の仕事? 20年以上前のゲームをクリアする事ですよ。

FPS視点? 酔いますよ。マルチエンディング? ゾッとしますよ、

だって全部出すまで帰られへん挑戦を普段してますから。

 

でも、今回は大丈夫です! オフィシャルサ ポーター!

最新のゲーム見て、、、ん? 何するの?

 

よく分かってませんが、最新ゲームの面白さ、

興味を持ってもらえるよう全力でサポートしますよ。

みんな 集まれー!!

 

有野課長

 ということで、7月3日に『ゲームセンターCX』有野課長が、2018年9月20日から9月23日まで千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」(以下、TGS 2018)のオフィシャルサポーターに就任したことが発表された。

 「東京ゲームショウ」でオフィシャルサポーターの起用が始まったのは、開催20周年を迎えた2016年から。当時は初めての試みとして、ゲーム実況・音楽制作ユニットの「M.S.S Project」と女性アイドルグループの「わーすた」が、そして2017年はテレビ東京のゲーム情報番組『勇者ああああ』のレギュラーMCを務める、お笑い芸人のアルコ&ピースさんがオフィシャルサポーターを務めた。

 オフィシャルサポーターの使命は、“東京ゲームショウの魅力をより幅広い層の方に伝える”こと。
 有野課長はフジテレビのゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』にてお笑い芸人のよゐこ・有野晋哉さんが扮しているキャラクターで、番組がスタートした2003年から活動開始。
 ゲーム化や映画化もされており、10月28日には番組15周年を記念したイベント「ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負”」が、「東京ゲームショウ」の会場である幕張メッセで実施される。

TOKYO GAME SHOW 2017の様子
(Photo By Getty Images)

 有野課長ではなく有野晋哉さんご自身としては、何度も「東京ゲームショウ」に足を運んでおり、仕事ではなくプライベートでもふらっと訪れていたという。
 また、「TGS 2006」では「日経エンタテインメント!」×『ゲームセンターCX』によるステージイベント「ゲームの世界 この10年を大チェック!!」に、「TGS 2008」では当時コナミに所属していた小島秀夫氏、カプコンの辻本良三氏、アナウンサーの鈴木史朗氏、ゲームショップ「ゲームズマーヤ」店長の秋谷久子氏、エンターブレイン(現Gzブレイン)の浜村弘一氏らとともに、最終日のステージイベントに出演している。

 さて、そんな有野課長だが、7月4日にニコニコ生放送で配信された「東京ゲームショウ2018公式動画チャンネル 7月号」にゲストとして出演。
 MCで作家の渡辺浩弐氏、声優の青木瑠璃子さん、女優・タレントの結さんらと「東京ゲームショウ」に関するトークを展開し、オフィシャルサポーターとしての初仕事を終えた。

 番組終了後にはメディア向けの囲み取材を実施。質疑応答が始まると思いきや、なんと有野課長は報道陣に対して名刺交換を開始。一人ひとりに対して「オフィシャルサポーターの有野課長です」と挨拶し、報道陣との質疑応答が行われた。

 オフィシャルサポーターである有野課長の今後の活動としては、「TGS 2018」の会期中には会場から生配信される番組に登場するほか、最終日に会場内イベントステージで開催される「日本ゲーム大賞2018 フューチャー部門」発表授賞式のMCとして登壇する予定だ。

 なお、今回配られた名刺はオフィシャルサポーター仕様となっており、500枚用意されたある意味でレアなもの。筆者自身は有野課長の大ファンではあるが、レアなものであることと、オフィシャルサポーターとしての有野課長を応援する意味合いも込めて、この特別名刺を読者の皆様にプレゼントできないか各方面に交渉してみた。すると、読者プレゼントにすることが叶ったため、抽選で一名様にプレゼントしようと思う。

【プレゼントのお知らせ】

文/クリモトコウダイ

関連記事:

『ストII』や『ファイナルファイト』の“家庭用アーケード筐体”登場。3/4スケールの公式ライセンス商品──1/6スケールのレプリカ筐体やバンナム作品が20タイトル遊べるミニ筐体も

「ゲームズマーヤ最後の1日を見守る生放送」店内レポート【更新終了】

著者・インタビュアー
新聞配達中にトラックに跳ね飛ばされたことがきっかけで編集者になる。過去に「ロックマンエグゼ 15周年特別スタッフ座談会」「マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡」などを担当し、2017年4月より電ファミニコゲーマー編集部のメンバーに。ゲームと同じぐらいアニメや漫画も好き。
Twitter:@ed_koudai
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ