ディスクを投げ合う異色のスポーツ対戦ゲーム『フライングパワーディスク』続編が正式発表。日本国内でも配信へ

 フランスの企業DotEmuは、Nintendo of Europeが昨日配信したNintendo Switch向けのインディーショーケース映像にて、『フライングパワーディスク』(Windjammer)の続編となる『Windjammer 2』を正式発表した。2019年にNintendo SwitchおよおびPCでリリース予定となっている。

 データイーストが開発し1994年からアーケード展開された『フライングパワーディスク』は、見下ろし視点型の対戦型スポーツアクションゲーム。
 プレイヤーはエアホッケーのような盤面上で片方のキャラクターを操作し、フライングディスクを投げて相手陣地のゴールに投げ込むことを目指す。ゲーム中には性能の異なる個性豊かな各国のキャラクターが登場する。

 同作は当初はSNKのMVSにて流通し、のちにNEOGEOなどでも販売。商業的にけっして成功したタイトルとは伝えられていないが、互いに画面端のゴールを目指してディスクを投げ合うシンプルながらも巧みなゲーム性は、特に海外を中心にいまだ根強い人気をもつ。
 2017年8月にはアーケード版をリメイクした『フライングパワーディスク: Windjammers』が、同じく続編を手がけたDotEmuよりPS4とPS Vita向けに販売されていた。

(画像はYouTube | Windjammers 2 – Announcement Trailerより)

 なおこのリメイク版に関しては、インディーショーケース映像にてNintendo Switchでもリリースされることが明らかにされている。

 トレイラーの解説文では2Dドット絵から手書きグラフィックへと変更されたことが明らかにされたぐらいで、まだゲームの詳細は一切解説されていない。ただし日本国内での展開に関しては、架け橋ゲームズがリメイク版と同様にリリースすることを約束している。

 『フライングパワーディスク』のシンプルなゲーム性に続編ではどのような捻りが加わるのか、今後の続報に期待したい。

文/ishigenn

関連記事:

SNKが「NEOGEO」人気タイトルを収録した新ゲーム機の販売を発表。ミニファミコンやメガドライブミニに続くものとなるか?

『ストII』や『ファイナルファイト』の“家庭用アーケード筐体”登場。3/4スケールの公式ライセンス商品──1/6スケールのレプリカ筐体やバンナム作品が20タイトル遊べるミニ筐体も

ライター
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ