SANチェック必須! 真実とともに宇宙的恐怖への理解も深め狂気の淵へと歩いていくホラーゲーム『Call Of Cthulhu』のゲームプレイトレイラー公開

 Focus Home InteractiveとCyanide Studioは『Call Of Cthulhu』のgamescom 2018向けゲームプレイトレイラーを公開した。日本でもカルト的な人気を誇るテーブルトークRPG『クトゥルフの呼び声』(Call Of Cthulhu)を原作にした一人称視点のRPG探索型ゲーム だ。

 トレイラーは主人公である私立探偵エドワード・ピアスが、ホーキンス一家の悲劇的な最期について調査するためにダークウォーター・アイランドに建つ一家の館へと足を踏み入れる場面から始まる。
 テーブルトークRPGを原作としたゲームらしくNPCとの会話にも力を入れているようで、斧を振りかざして襲い掛かってきたウェンチェスターという老人に弁解の言葉を投げかけるか、相手の斧を奪おうとするか、行動を選択する場面も登場する。

 調査にあたっては館の中にあるさまざまな遺留品を探して洞察するだけでなく、主人公の優れた知覚能力により残された証拠から過去に何が起きたかを、まるで映像のように見ることもできる。
 手に入れた証拠はその後も会話や調査の材料として利用できるが、正気度を示す「SAN値」という言葉で有名な『クトゥルフの呼び声』を原作にしたゲームらしく、真実を理解することは正気を失うことにも繋がる。プレイヤーは探偵として真実へと一歩ずつ近づいていくが、同じように狂気の淵へも歩いていくと解説されている。

 トレイラーの最後には、クトゥルフ神話の象徴ともいえる海洋生物を思わせる触手に捕らえられるシーンで終わる。調査の果てに狂気へと引き込まれてしまったのだろうか。

(画像は『Call Of Cthulhu』公式サイトより)

 『Call Of Cthulhu』にはTRPGを原作としているにふさわしく、キャラクターカスタマイズや成長要素も含まれている。トレイラーではCP(Character Point)を手に入れているシーンもみられるが、おそらくこれを使ってキャラクターを成長させるのだろう。成長の方向によって会話の選択肢やイベントにも変化が生じる。

 腕力や会話能力といったRPGではおなじみのステータスに加えて、主人公にはさまざまな恐怖症が用意されているようだ。凄惨な殺人現場のような直接的な恐怖だけでなく、恐怖症を引き起こすようなプレイヤーの行動によっても正気は失われていき、最終的には幻聴や幻覚といったゲームの進行を阻害するような症状を引き起こしてしまう。

(画像は『Call Of Cthulhu』公式サイトより)

 真実と狂気の淵へと歩いていく『Call Of Cthulhu』はPC、PS4、Xbox Oneで2018年10月30日に発売予定だ。なお、詳細は明かされていないが、4Gamer.netでのインタビューによれば日本語化作業も進行しているという。

 古くからゲームの題材として親しまれているクトゥルフ神話だが、gamescom 2018で同じくクトゥルフ神話を題材にした『The Sinking City』のトレイラーも公開されるなど、最近ではさらに人気を増している。その中でも、日本での人気も高いテーブルトークRPG『Call Of Cthulhu』を原作とした本作の発売を期待して待ちたい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

クトゥルー神話って日本でどう広まったの?『デモンベイン』が安心感を与え、現代怪奇としての『クトゥルフ神話TRPG』がニコニコ動画にマッチし、『ニャル子さん』がブーストさせた【インタビュー:森瀬繚】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ