伝説のクソゲーと名高い『デスクリムゾン』のライブイベントが3月31日開催。前売り券は「赤のチケット」

 株式会社ピクセルは、「デスクリムゾン渡辺邦孝ソロライブ~上方(うえ)から来るぞ!気をつけろぉ!~」を2019年3月31日に開催すると発表した。

(画像は渡辺邦孝「デスクリムゾン」ソロライブ~上方から来るぞ!気をつけろぉ!~ | 株式会社ピクセルより)

 このライブイベントは、1996年8月にエコールソフトウェアから発売されたガンシューティングゲーム『デスクリムゾン』の楽曲を、作曲を行った渡辺邦孝氏が演奏するというものである。

 『デスクリムゾン』は発売前から悪い意味で注目を集めており、伝説のクソゲーと呼ばれることもある作品だ。グラフィックのレベルやガンシューティングとしての出来の悪さはもちろんだが、特にOPムービーの意味不明さが話題に登りやすい。ただ走るだけの意味不明な実写映像が流されつつ、変哲のない階段を見て「なんだこの階段はぁ!?」と棒読みで叫んだり、あるいは別に赤くない扉の前に立って「せっかくだから、俺はこの赤の扉を選ぶぜ!」と言う場面は特に有名だ。TVアニメ『ポプテピピック』12話でパロディされたこともあり、それで知っているという人も多いだろう。

(画像はAmazon | Death Crimson Soundtracks | 渡辺邦孝 | ゲーム | 音楽より)

 2018年11月14日には、本作のサウンドトラックとなる『Death Crimson Soundtracks』が発売されており、20年以上経過したいまになって再び『デスクリムゾン』の勢いが強まっているのかもしれない。

 ライブイベントは原作をオマージュした要素が盛り込まれており、サブタイトルの「上方(うえ)から来るぞ!気をつけろぉ!」という部分はもちろん、前売り券として「赤のチケット」が発売される。また、チケットを購入すると特典として「どこでも”レッド”ドア」が付属するほか(詳細は当日発表)、会場で限定特典付きサウンドトラックを購入するとサイン会に参加できる。イベントの詳細やチケット情報は以下のとおり。

◆「デスクリムゾン渡辺邦孝ソロライブ~上方(うえ)から来るぞ!気をつけろぉ!~」イベント概要
・開催日時:2019年3月31日(日)
・会場:イズモギャラリー
・URL:http://www.izumo-corp.co.jp/gallery.html
・住所:〒162-0044 東京都新宿区喜久井町29番12 art BLD 地下1階
・赤のチケット(前売券):\2,500(税込)
・通常チケット(当日券):\3,000(税込)
※2019年1月18日(金)12:00~チケット販売開始

ライター/渡邉卓也

関連記事:

【対談:「ゲームキッズ」渡辺浩弐×赤野工作】「そのゲームが面白くないなら、遊んでるヤツがつまらない」ゲームレビューの文学性とメタフィクションの可能性とは?

「クソゲー」という言葉の起源は、みうらじゅん? 高橋名人? 徹底的に探ったら、意外な人物やあの雑誌が急浮上!

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ