遊戯王歴10年のプレイヤーが『遊戯王 デュエルリンクス』の世界大会を見てきた。ルールの妙で多種多様なデッキがぶつかりあうデュエルがアツい!

 8月27日、『遊戯王 デュエルリンクス』のオンライン世界大会『KCグランドトーナメント2022』決勝ステージが開催されました。

 5月末から始まった予選の次点で全デュエリストのうち128名にまでふるいに掛けられ、さらに7月の本戦:1stステージで20名にまで絞り込まれました。勝ち残った20名と直近4回の『KCカップ』優勝した4名、計24名による熱いデュエル

 そんな『KCグランドトーナメント2022』の魅力について語らせてください。

取材・文/うみちゃん


 

『3デッキルール』によって毎回違うデュエルが見れる

 カードゲームの大会、特に世界大会にもなると強力なデッキに偏りがちです。環境によっては、それこそ片手で数えられるほど少ないデッキがしのぎを削り合うこともよくある光景です。それはそれで面白いのですが、どうせならより多くのデッキが見たいですよね。せっかく7時間近い大会ですし。

 その点、『KCグランドトーナメント2022』は『3デッキルール』(※仮称)を採用しています。

 本大会は予め3つのデッキを登録し、デュエル前にどのデッキを使うかを選ぶBO3(2本先取)形式の大会となっています。

 最大の特徴として、3つのデッキの同名カードが3枚以下になるように構築しないといけない縛りがあります。


Aデッキ3枚・Bデッキ0枚・Cデッキ0枚 〇
Aデッキ2枚・Bデッキ1枚・Cデッキ0枚 〇
Aデッキ2枚・Bデッキ1枚・Cデッキ1枚 ×

 「各デッキに同じエースが3枚積めない」「エースが1枚でいいデッキでも、満足にサポートができない」…すると、必然的に全て違うデッキを持ち込む必要が出てくるのです。

 さらに1度使用したデッキは、同じマッチでは使用不可になります。お互いに「通用したから続投!」ということはできないのです。

 何が言いたいかというと、「毎回違うデッキ同士の対戦が見れる!」。なんといってもこれです。

 例えば第1試合1本目。【ギャラクシー】VS【ローズ・ドラゴン】と言ったマッチアップ、この試合では【ギャラクシー】が圧倒的パワーで殴り倒しました。

遊戯王歴10年のプレイヤーが『遊戯王 デュエルリンクス』の世界大会を見てきた_001
大型モンスターの連撃で一気に押し込んだ

 次ぐ2本目は【幻影騎士団】VS【HERO】とまったく違う絵面に。

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ2
防御力の高い【幻影騎士団】が耐えきり、見事に返しきった

 このように毎回違うデッキが見れるのが『KCグランドトーナメント』の魅力です。

 各選手、どのデッキを採用するのか。そして同じ汎用サポートをどのデッキに投入するのか。さらに言えば、強力なデッキ3つにバランスよくサポートを入れるのか。ひとつ尖ったデッキを用意して残り2つは全力を出せるようにするか…。選手の個性が出るため、全くデッキが予想できず、楽しいです。

 選手視点でも「このカードは3枚使われたから、残りの試合には使われない」、あるいは「1枚しか採用できない制限カードを使ったから、同じサポートを使うこのデッキはこない」という情報アドバンテージを得ることができ、より戦略を巡らせることができます。

『リンクス』未プレイでも楽しめる実況と解説、そして演出

 『リンクス』ではカードプールが異なり、『OCG』には存在しないカードも『リンクス』オリジナルカードも実装されています。更に『スキル』というシステムがあるため『OCG』『マスターデュエル』プレイヤーでも状況が把握できないことがあるかもしれません。

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ3
『遊戯王 デュエルリンクス』スキル例
▲特にスキルは『リンクス』プレイヤーでないと理解が難しいかもしれません

 それを補ってくれるのが南雲大輔氏・KONAMI佐々木氏・河野海樹氏による実況と解説です。

南雲大輔氏
KONAMI佐々木氏
河野海樹氏

 今どのカード/スキルが、どんな効果を使って、どういう状況になったのか。そして各選手がどのような状況を目指したいのかを丁寧に解説しています。

 そしてデュエル後も感想戦として、どうプレイングが光っていたのかも深堀していきます。

 そして『遊戯王』のアニメを見ていた皆様、『リンクス』は歴代アニメキャラクターが、フルボイスで参戦しています。キャラクターとデッキのイメージに沿ったスキルも多く実装されており、召喚口上と共に活躍したエースモンスターが大活躍です。

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ4
KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ5

豪華出演者による『特別配信』

 また、『今回はできるだけ多くの試合を見せたい』をコンセプトに、本配信とは別枠で『特別配信』が行われていました。本配信で拾いきれなかったデュエルはこちらで視聴できます。

 ただデュエルを見せるだけではありません。各分野から『遊戯王』こよなく愛する豪華なデュエリストが勢ぞろいです。

春崎エアル氏・Mr.シャチホコ氏 ・佐野ひなこ氏・外崎友亮氏
▲左から春崎エアル氏・Mr.シャチホコ氏 ・佐野ひなこ氏・外崎友亮氏

 特別配信は終始賑やかで『遊戯王』愛が満載な配信でした。

全てのデュエルにドラマ

 先ほど『3デッキルール』 の説明をさせていただきました。このルールのおかげでデッキがバラエティに富んでおり、どのデュエルも多彩な展開や結末を見せてくれました。

 たとえば手札0枚相手のフィールドには攻撃力4000のモンスターという絶望的な状況。それでも諦めなかったデッキトップからの一発逆転。

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ6
デッキトップ1枚から繋ぎ、全てをひっくり返しての一撃必殺

 『リンクス』特有のカード採用。

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ7
『リンクス』では数少ない手札誘発カードでエースを守る

 意表を突いたデッキ選択。 

KCグランドトーナメント2022 配信キャプチャ8

 最も印象的だったのは、実況も予想外だった突然のバーンフィニッシュ

遊戯王歴10年のプレイヤーが『遊戯王 デュエルリンクス』の世界大会を見てきた_002
試合に影響しない“インクの染み”と思われた、たった50のダメージが決め手となった

 毎回異なる熱い展開、そしてフィニッシュブロー。これだから『遊戯王』は面白いんです。

選手だけじゃない、会場もアツい!

 さて、第一部の最終試合となる準々決勝が終わり、ベスト4が出そろいました。特別配信に出演していた方々も本配信に合流して更に熱狂していく…と、いうところで私はYouTubeの配信を閉じました。ここからは更に見どころだというのにスマホをしまいます。
 
 実は今回の記事を書くにあたって、ある場所にやって参りました。

 『KCグランドトーナメント2022』の会場です!

KCグランドトーナメント2022 会場1
メインカメラの裏から拝見させていただきました

 なんと準決勝から3位決定戦、そして決勝を会場で直接見る機会をいただきました。(白熱する試合展開に声を出さないように、ひっそりと)

 生の実況と解説、そして現地特有の熱気を直に浴びさせていただきました。

KCグランドトーナメント2022 会場2
決勝戦・最後の一手に沸く会場
KCグランドトーナメント2022 会場3
またこの場所で、新たな世界No.1が産まれることでしょう

 本日はありがとうございました。次回の開催も楽しみにしています。

出演者一同
ライター
新人動画担当スタッフ。音ゲーとカードゲームが好きで電脳世界では自作モデルで『Beat Saber』、リアルでは自作コスプレ衣装でデュエルめぐりすることが目標。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日05時~2023年1月28日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ