韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇。渾身の「俺と禰󠄀豆子の絆は誰にも引き裂けない!!」の生声披露に会場から歓声があがる

 12月3日と4日の2日間にわたり韓国のKINTEX展示場で開催されたアニメやゲームの総合イベント「Anime x Game Festival 2022」(以下、AGF Korea 2022)。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_001

 本イベントの特徴のひとつはステージイベントとなっており、『アイドリッシュセブン』『SPY × FAMILY』『ホロライブ』など、さまざまなプログラムが実施された。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_002

 なかでも電ファミ編集部が注目したのは、竈門炭治郎役を務める花江夏樹さんが登壇した『鬼滅の刃』のステージ。花江さん登場の瞬間には泣き崩れる女性の姿もあり、会場は熱気に包まれていた。

 ステージでは韓国のファンが選ぶ『鬼滅の刃』の戦闘シーンや名台詞がランキング形式でが発表された。本稿では、AGF Korea 2022の『鬼滅の刃』ステージでの様子をお届けしていく。

文/柳本マリエ


韓国のステージに立つことは初めて

 ステージが始まると、「アニョハセヨ」の挨拶とともに花江さんが登壇。韓国語で自己紹介をすると、会場は歓声に包まれた。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_003

 司会はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが務め、花江さんと吉田アナウンサーの日本語でのやり取りを通訳の方が韓国語に訳してくれるという流れだ。

 花江さんは韓国に来るのが2回目とのこと。1回目も仕事での渡韓ではあったものの、本イベントのようにステージに立つことはなくすぐに帰国してしまったため、韓国を満喫できる時間はなかったという。

 今回は少し時間にも余裕があったとのことで、花江さんの口から「昨日の夜に来てごはんを食べました」と語られると会場からは再び歓声があがった。

韓国ファンからの「Q & A」コーナー

 花江さんの韓国での様子をうかがったあとに始まったのは「Q & A」コーナー。事前に韓国のファンの方々から募った質問に花江さんが回答をするものだ。

──炭治郎とご自身が似ていると思うところ、似ていないと思うところは?

花江さん:
 自分で言うのもあれですが、優しいところでしょうか。炭治郎ほど純粋な心を持っているかというとちょっと自信を持って言えないですが(笑)。あとは家族を大事にしているところも似ていると思います。僕も家族のためにがんばろうと思えるので。

──炭治郎の好きなところや演じるうえで大事にしているポイントは?

花江さん:
 優しくて家族思いなところが好きです。家族のために無惨を倒すという魂がすごい。炭治郎は、僕のもともとのテンションよりも少し高いのでモードに入るために1回元気になる必要があります(笑)。

──炭治郎以外で演じてみたいと思うキャラクターは?

花江さん:
 炭治郎と正反対の無惨を演じてみたいです。僕はいままでそういう役をやってこなかったので、悪いやつを演じてみたい。「普段できないことができる」というところが声優の醍醐味ですから。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_004

韓国ファンが選ぶ『鬼滅の刃』戦闘シーン ベスト3

 続いて発表されたのは『鬼滅の刃』戦闘シーン ベスト3。事前に韓国のファンの方々がオンライン投票を行い、映像とともにベスト3が発表された。それぞれのシーンについて花江さんがコメントしている。

第3位:炭治郎と堕姫の戦い(遊郭編 第6話)

花江さん:
 本人(炭治郎)は冷静なのに映像の迫力に圧倒されて泣きそうになりました。息が止まっちゃう。スタッフさんには頭が上がらないです。

第2位:炭治郎と妓夫太郎の戦い(遊郭編 第10話)

花江さん:
 そのときの炭治郎にとっていちばん強い敵が出てくるのでシーズンを重ねるたびに強さがインフレしていくんです。なので、余裕を持った叫びができません(笑)。

第1位:炭治郎と累の戦い(竈門炭治郎 立志編 第19話)

花江さん:
 オンエアを見て、映像の完成度に感動しました。アフレコのときは音楽が入るとは知らず最初は驚いたんですが、歌詞とメロディがバチっとハマっていて、いまはこれ以外考えられないです。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_005

韓国ファンが選ぶ『鬼滅の刃』名台詞 ベスト3

 続いて発表されたのは『鬼滅の刃』名台詞 ベスト3。こちらも事前に韓国のファンの方々がオンライン投票を行い、第1位は映像とともに発表された。同様にそれぞれのシーンについて花江さんがコメントしている。

第3位:失っても失っても生きていくしかないんです(竈門炭治郎 立志編 第7話)

花江さん:
 沼の鬼によって婚約者を亡くした和巳さんに言う台詞ですが、炭治郎がただ言うのではなく、炭治郎自身も同じ思いをしているからこそ伝わる台詞だと思います。

第2位:俺と禰󠄀豆子の絆は誰にも引き裂けない!!(竈門炭治郎 立志編 第19話)

花江さん:
 炭治郎を象徴している台詞で強さの根源だと思います。家族に対する言葉は特に大事に演じるようにしています。

第1位:いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!! 生身の人間がだ!! 傷だって簡単には塞がらない!! 失った手足が戻ることもない!! 逃げるな馬鹿野郎!! 馬鹿野郎!! 卑怯者!! お前なんかより煉󠄁獄さんの方がずっと凄いんだ!! 強いんだ!! 煉󠄁獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!! 戦い抜いた!! 守り抜いた!! お前の負けだ!! 煉󠄁獄さんの勝ちだ!!(「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」)

花江さん:
 感情が爆発するシーンなのであまり練習せずに、思ったことを声に出そうと思いながらアフレコをしました。

韓国で開催されたアニメ・ゲームの総合イベント「AGF」の『鬼滅の刃』ステージに花江夏樹さんが登壇_006

 ここで吉田アナウンサーから「この中でひとつ生で披露してほしい」と花江さんにリクエストがあり、(第1位は長すぎるとのことで)第2位の台詞を披露してもらうことに。

 花江さんがステージ中央に立ち、渾身の「俺と禰󠄀豆子の絆は誰にも引き裂けない」が出ると、会場からは大きな歓声があがった。

 45分のステージはあっという間に過ぎ、最後に花江さんから「最高でした!韓国の方々の反応を直接見ることができて元気をもらえました!また絶対に来ます!」と締めくくった。


 ステージを見ていて驚いたのは、花江さんの話す言葉に通訳さんの言葉が入る前から韓国の方々が反応していたこと。韓国の方は日本語を勉強している人も多いとのことで、ほとんど時間差がない状態で盛り上がりを見せていた。

 ステージイベントは会場内で整理券が配布されるためその争奪戦に勝たなければならないが、花江さんをはじめ日本で人気のあるゲストの方々を間近で見ることができる穴場的なイベントではないだろうか。

『鬼滅の刃』新シリーズ 【刀鍛冶の里編】
 2023 年 4月 全国フジテレビ系にて放送開始! 第一話は一時間スペシャル!
 公式サイト:https://kimetsu.com/anime/katanakajinosatohen/

劇場版『鬼滅の刃』 【ワールドツアー上映】
 ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ開催決定!
 特設サイト:https://kimetsu.com/anime/worldtour2023/
 

【あわせて読みたい】

息の合ったオタ芸に会場が湧いた! アニソンDJとして活躍するDJ和氏のステージが盛り上がる理由は「セットリストを決めない」こと。会場にいるお客さんのTシャツやコスプレを見て選曲している

今回電ファミはステージを終えたばかりのDJ和氏にインタビューをする機会をいただき、セットリストのこだわりや「アニソンDJ」になるまでの経緯をうかがった。すると「明け方にクラブでDJをしていたらたまたま朝まで残っていたソニーミュージックのプロデューサーが居合わせて契約をする」という、異例の経歴を持っていることが判明。

編集部
幼少期からホラーゲームが好き。RPGは登場人物への感情移入が激しく的外れな考察をしがちでレベル上げを怠るため終盤に苦しくなるタイプ。著作『デブからの脱却』(KADOKAWA)発売中
Twitter:@MarieYanamoto
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月6日00時~2023年2月6日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ