ニンジャのごとく全身を守る“ゲーミング着る毛布”が人気。身体だけでなくヘッドセット装着の顔も温める、指先も可変ミットで防護

 ゲーミング家具ブランドのバウヒュッテが、寒い冬にピッタリのゲーミング着る毛布「ダメ着4G」を発売した。サイズはM、L、XL。ヴィレッジヴァンガードでの価格は各12000円となっている。

 なお本商品は、バウヒュッテの姉妹ブランドであるビビラボが展開する超効率的に堕落と着替えからの卒業を目指す「ダメ着シリーズ」のひとつ。商品名の4Gには「For Gamers」という意味が込められており、同シリーズのゲーム特化版である。

黒を基調にしたカラーリングに赤の差し色が映える。『Thief』のギャレットを思い出すシルエットだ。
(画像はAmazon | Bauhutte ゲーミング着る毛布 ダメ着4G ブラック/レッド Lサイズ HFD-L-4G-19より)

 特に熱暴走の心配をせずにパソコンの能力をフルに発揮できる冬は、PCゲームにとってオンシーズンだ。コンソールゲームであっても熱暴走は他人事ではないだろう。しかし、部屋の寒さは指先の繊細な動作が求められるゲーマーには天敵となる。

 そこで求められるのが「いかに部屋の温度を低くしたまま自分を暖められるか」という相反する環境条件だ。電気代や灯油代がかかり部屋も温めてしまう暖房器具よりも、自分だけを温める着る毛布のほうがゲーマーにとってメリットは大きい。

 そんな着る毛布シリーズにあってゲーマー向けである「ダメ着4G」は一体どのような商品なのだろうか。基本スペックは通常モデルの着る毛布2019と同等だが、フードをかぶったままヘッドセットを装着できるスリットとゲーミングデバイスと合わせやすい黒と赤のカラーリング、そして生地重量が約1.6倍の超暖か仕様でゲーマーをサポートする。価格はほぼ2倍と高価だが、違いのわかるゲーマー向けと言えるだろう。

 ゲームに特化ということで気になるのは指先の保護だが、着る毛布2019と同じ可変ミトン1.1を装備。キーボードとマウス、あるいはコントローラーといった多くのゲーミングデバイスを着たまま操作できる。また、「着たままトイレ」という機能が加えられており、これは部屋に転がる大量のペットボトルのことではなく、服を脱ぎきらなくてもそのままトイレができるシステムとなっている。

 前述の通り「ダメ着4G」はダメ着シリーズの中でも非常に高価だ。それだけにバウヒュッテもゲーマー向けにほかのシリーズと比較する着る毛布の選び方や使い方のノウハウを公開している。ダメ着の耐寒性能に関しても検証されており、対象は古いモデルだが冷凍車に入った検証記事が公開されている。

 しかし、すでに「ダメ着4G」のバウヒュッテにおける在庫は全てなくなっているという。現在はECサイトであるAmazonヴィレッジヴァンガードでのみ購入でき、Amazonでは着る毛布カテゴリーのベストセラーにもなっているようだが、追加生産は予定されていない。

 もし来年度も新作が登場する可能性があるならば、Razerやロジクールのユーザー向けに黒と緑、あるいは黒と青といった新色にも期待したいところだ。

文/古嶋誉幸

関連記事:

冬の京都でパンツ一丁になり、300MBのブリーフ男の写真を切り抜く──実写格闘ゲーム『ブリーフカラテ』開発秘話

TGSで未来のゲーマーの姿を見た! ゲーマーたちはメガネを変形させ、11.2chの卵型ゲーミングチェアに座り、ペダルを漕ぎながらゲームをプレイする

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧