ニトロプラスの名作アドベンチャー『沙耶の唄』の小説化決定。「真っ向続編」となる続編小説も2019年春リリース

 星海社は、星海社FICTIONSレーベルより2003年にニトロプラスから発売されたサスペンスホラーアドベンチャーゲーム『沙耶の唄』のノベライズをリリースすることを発表した。発売は12月14日、価格は1400円。

 ノベライズはゲームシナリオライターの大槻涼樹氏と『沙耶の唄』原作の虚淵玄氏の共著となる。イラストは原作でキャラクターデザインと原画を担当した中央東口氏が担当する。

(画像は大槻涼樹氏のTwitterより)

 『沙耶の唄』は、交通事故により家族を失い唯一奇跡的に命をとりとめた青年、匂坂郁紀が主人公の作品。退院後、匂坂は目に映る世界すべて、音や感触に至るまでを醜く歪んで知覚してしまうという後遺症に悩まされ、心配する友人たちを故意に遠ざけるような言動を繰り返す。そんな主人公の前に、ただひとり正常な見た目を保った沙耶と名乗る少女が現れ、匂坂にとって唯一の救いとなっていく。

 ノベライズにあたって大槻涼樹氏は、極力既存の台詞を変更せず、原作の色を失わないことを心がけているという。しかし15年も前の作品ということで、地図アプリが登場したり、電灯がLEDに変更になったりと、細かなところでは現代風な変更が加えられる。

 原作は3種類のエンディングが用意されたマルチエンディングシステムだが、小説版はどうしてもひとつに収束させなければならない。アドベンチャーゲームのシステムを前提として制作された『沙耶の唄』だが、小説版では原作のエンディングいずれとも異なるものへ向かう。

 また、原作のノベライズだけでなく、2019年春に『沙耶の唄』の続編小説がリリースされる。前日譚や他の結末を描くifといったものではなく、ノベライズ版『沙耶の唄』の結末のその後を記す真っ向続編となる。とはいえ、ノベライズ版『沙耶の唄』も単品でしっかりと完結するので、続編に興味がなくても大丈夫とのこと。

 原作『沙耶の唄』リリースから2018年12月26日で15年が経つ作品だが、今なお高い評価を得ており、ニトロプラス入門作としておすすめされることも多い作品だ。アドベンチャーゲームとしては短めの1周5時間程度の作品ということもあり、今からプレイしてもノベライズや続編小説にも十分間に合うだろう。

 原作は成人指定だが、DMM GamesでPC版が、アニゲマやDLSiteでアンドロイド版が今でも購入できる。『沙耶の唄』15周年を迎えるクリスマスに、小説や原作でグロテスクだが美しい物語に浸ってみるのはいかがだろうか。

文/古嶋誉幸

関連記事:

『EVE burst error』の続編『EVE rebirth terror』が2019年4月にPS4とVitaで発売へ

『FGO』最新章を虚淵玄が担当、ゲームシナリオライターとしてひさびさの本格復帰。『Fate』との深き関係をあらためて振り返る

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧