カプコンがグローバル市場でさらなる躍進。『バイオ2リメイク』は『モンハンワールド』に次ぐ大型ローンチ、Steamでのピークプレイヤーは前作の4倍となる7万4千人を記録

 1月25日に発売されたPC版『BIOHAZARD RE:2』は、ピーク時にはSteamで7万4千人がプレイする同シリーズ最大のローンチとなった。Steamのプレイヤー数が多いゲームとしては、第5位を記録している。シリーズ初の一人称視点へと変更しながら、ホラーゲームとしての原点へと戻り非常に高い評価を受けた『BIOHAZARD 7』のピークプレイヤーは1万8千人だった。

 なおカプコンの発表により、同作が発売初週で300万本を売り上げたことも明らかとなっている。

 『BIOHAZARD RE:2』は販売本数でも好調な滑り出しだ。パッケージ版のみの統計だが、イギリスの販売チャートでは初登場1位を記録し、1月29日時点でSteamでも世界統計で売り上げ1位となっている。

(画像はSteam | 『BIOHAZARD RE:2』より)

 これらの記録の背景には複数の要因が考えられる。前作『BIOHAZARD 7』の発売は海外では2017年1月24日、日本では1月26日とどちらも週末をずらしての発売だったが、『BIOHAZARD RE:2』は全世界で2019年1月25日の金曜日と週末の発売だった。多くの人が同時に週末にプレイできたことが、プレイヤー数の著しい増加の理由のひとつとして考えられる。

 また、ナンバリングタイトルの売り上げは、一般的に前作の評価が大きく影響を及ぼすと言われている。『BIOHAZARD 7』の高い評価が、『BIOHAZARD RE:2』の売り上げに大きく影響を及ぼしたことは想像に難くない。

 その他、ワンショットデモと呼ばれる30分限定のデモ版の存在も大きいだろう。全世界で290万人以上がダウンロードしており、クリア率は25%と本作が手強いサバイバルホラーであることを証明している。

クリア率30%以下のリメイク版『バイオ2』ワンショットデモでRTAが流行中。30分どころか3分以下でクリアへ


 現在、カプコンのResidentEvil.netでは『BIOHAZARD RE:2』の統計データが続々と集まっている。プレイタイムや主人公やタイラントの合計移動距離、レアな死因に出会ったプレイヤーの割合など興味深い統計データが公開されている。かなり面白い統計となっているので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『バイオハザード RE:2』に『バイオ2』の懐かしいコスチューム追加決定! オリジナルのテクスチャを使って懐かしいPS時代のカクカクポリゴンを再現

なぜ初代バイオハザードは怖くて、バイオ4は怖くないのか?:「なんでゲームは面白い?」ホラー特別回

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧