『Pokemon GO』の新機能「GOスナップショット」がiOS、Androidともに実装。手もちのポケモンといつでもAR写真が撮影できる

 iOS、Android用アプリ『Pokémon GO』の新機能「GOスナップショット」が、2月21日に配信されたアップデートによって実装された。まずはAndroid版でトレーナーレベル5以上のプレイヤー向けに解禁されており、iOS版のプレイヤーも順次利用可能となる予定だ。

【更新 2019/2/25 12:15】iOS版のアップデートも配信されました。あわせてタイトル、記事を加筆・修正しています。

 「GOスナップショット」は、ポケモンボックス内にいるポケモンや連れ歩いている相棒のポケモンとAR撮影ができる機能。

 『Pokémon GO』では、これまでもポケモンを捕獲するタイミングなら撮影ができたが、今回実装された「GOスナップショット」を使えば、好きなタイミングでカメラを起動してお気に入りの手もちポケモンと写真が撮影できる。

(画像はPokémon GO | 「GOスナップショット」で、お気に入りのポケモンと最高の写真を撮影しよう!より)

 たとえば、もともと捕獲シーンがないピチューピィをはじめとしたタマゴから孵ったポケモンや、マンムードサイドンのように2019年2月の時点では野生で出現しない進化後ポケモンたちの撮影も可能だ。

 本機能は、撮りたいポケモンのステータス画面に表示されるカメラボタンをタップすれば使える。

 カメラを起動し、平坦で開けた場所に向けてスマートフォンを動かすとポケモンの足跡が出てくるので、好きな場所をタップしてボールを投げよう。ボールを投げてポケモンが出てきたら、お待ちかねの撮影タイム。シャッターボタンを押して撮影していく。

 捕獲時に使えた従来の撮影との大きな違いは、ポケモンに近づいたり回り込んだりできるため、凝った構図の写真が撮影できること。野生ポケモンのように、撮影中に逃げられることもない。

 ポケモンはタップしたりスワイプで撫でたりすると動いてくれるため、狙ったタイミングで好きなポーズを撮りやすいことも、本機能ならではの要素だ。

(画像:編集部撮影)

 なお、撮影した写真はすべて端末に保存される。さらに直近で撮った写真は、アプリ内からそのままツイッターやフェイスブックなどのSNSに共有できるようだ。

 「GOスナップショット」は、AR撮影によって現実の空間に好きな手もちポケモンを自由に映し出せる点から、ポケモンをより身近な存在に感じることができるポケモン好きにはたまらない機能だといえる。

 気軽にSNSへ写真を投稿できることから、ユーザー同士で渾身の一枚を披露し合うといった『Pokémon GO』の新しい楽しみ方にも期待ができるだろう。

ライター/ムニエル

関連記事:

『ポケモンGO』でRTA(リアル登山アタック)が流行中。剱岳や八甲田山にあるポケストップへの挑戦をRTA風の動画に仕上げる

「あの瞬間」何が起きていたのか? キーマンたちが初めて語るポケモン GOリリース直後の熱狂、その舞台裏【ポケモン石原恒和×ナイアンティック川島優志×ゲームフリーク増田順一】

ライター
ムニエル
大学時代はフリーライターとしてスマートフォンゲーム、インディーゲーム、eスポーツ関連の記事を執筆。週刊誌の編集も経験する。DTMを嗜み、特にゲームBGMとクラシックを愛する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧