「あのDVDロゴ」がただ跳ね返るゲーム、誕生から20年以上の時を経て発売。『Bouncing DVD : The Game』がSteamで無料配信

 DVDのロゴが画面を動きながら、壁で跳ね返って色が変わる一昔前のスクリーンセーバーをゲーム化した『Bouncing DVD : The Game』Steamで無料配信された。

(画像はSteam | Bouncing DVD : The Gameより)

 本作はDVDのロゴが跳ねるのをただ見ているだけではなく、角に行くと1点スコアが入る仕組みになっている。クリアはないようだが、ゲーム上では5000点を目指すことが推奨される。放置していても自然に角に到達するのだが、そこはゲーム、DVDのロゴをある程度の操作が可能だ。WASDキーでDVDのロゴを加速したり、角度を調整することで、効率よくハイスコアを目指すことができる。

 なお、加速しすぎるとロゴが荒ぶってくるので注意が必要。スコアはオンラインランキングに対応しており、自分がDVDのロゴに対してどれほど愛情深いのか、他人と見比べることができる。「DVDのロゴが隅っこに行って跳ね返るときの喜びは何にも変えがたい、さらにこれがゲームになっていたら……」と待ち望んでいた人には朗報の作品内容となっている。

 なんともシンプルでよくわからないゲームだが、なぜこのような作品が登場してしまったのか。実は近年、海外ではDVDのロゴが角に行くと熱狂する人々がいる。

 これはもともと海外ドラマ『The Office』のシーズン4の第5話「Launch Party」におけるDVDロゴのジョークが原点だ。このエピソードは2007年に放映されたが、そのときはまだ爆発的に普及はせず、水面下で一部の人々にDVDのロゴが注目されることになる。最初期となる2008年に投稿されたのが、その『The Office』に関する上記の動画。動画内では、DVDのロゴがどれくらいの頻度で角に行くかをカウントしており、およそ3分半の頻度で角に行くと主張している。

 上記の動画に触発されて、今度は、2013年にソフトウェアエンジニアのビル・グリーン氏がDVDのロゴがどのように角にぶつかるか、数学的に説明。xとyは開始位置の座標、wとhはロゴの寸法、 WとHは画面の寸法とし、DVDのロゴが角に到達する条件を、|x-y|≡0modgcd(W-w,H-h)とはじき出した。ある時点でDVDのロゴが角にぶつかるのはループしており、この条件が満たされていないと、DVDのロゴは角に到達しないという。

(画像はBill Green | The bouncing DVD logo explainedより)

 そして爆発的に普及したきっかけが2018年11月30日に投稿された以下の動画だ。実はこの動画、サッカー試合で熱狂するイギリスのサポーターの映像を編集したもの。しかしこのシュールな映像がうけて、一躍、DVDのロゴがインターネット・ミームと化した。2018年末からDVDのロゴが角に到達するたびに喜ぶ人の映像が次々と投稿され、DVDのロゴを写しだすだけのライブストリーミングや、専用のWebサイトまで登場した。

 そして今回、DVDのロゴが『Bouncing DVD : The Game』として、ビデオゲーム界に進出したわけだ。しかしこのゲーム、まだまだ映像、演出、音響面での進化の余地はまだまだ残している。今後のDVDロゴ・ゲームのさらなる発展を期待したいところだ。

 なお、DVDのロゴ自体は、1996年に日立、パナソニック、ソニー、パイオニアなどが共同で設立した「DVDフォーラム」で策定された。まさか誕生から20年以上も経過したDVDのロゴが現在このような流行になるなど、誰も予想はできなかっただろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ