『ポピュラス』モリニュー氏が手がける新作『Legacy』の詳細が公開。スケボー×機関銃も可能、ユニークな「商品開発」を備えた産業シム

 『ポピュラス』『Godus』『The Trail』などを生み出したピーター・モリニュー氏の新作『Legacy』の最新情報が、Red Bull GamingのYouTubeチャンネルを通じて公開された。

 本作の配信時期は未定だが、PCとモバイル向けに開発していることが動画内で述べられている。

 本作はモリニュー氏にとって初めてのタイトルである経営シミュレーション『The Entrepreneur』の影響を受けているタイトルだが、ユニークなシステムとして「商品開発」が備えられている。

(画像はLegacy: Peter Molyneux’s newest game I Levelsより)
(画像はLegacy: Peter Molyneux’s newest game I Levelsより)

 プレイヤーが販売する商品を開発できるこのシステムだが、動画内では工房で服やインテリア、電話など、さまざまな物を開発していく様子を見ることができる。

 スケートボードに機関銃をくっ付けるといったユニークな商品も開発できるようで、自由度はかなり高いようだ。

(画像はLegacy: Peter Molyneux’s newest game I Levelsより)

 もちろん商品開発だけでなく、本作では経営シムとしての側面もある。たとえば商品の販売、資源の確保、建物の建設、労働者の雇用などを管理して、自身の産業帝国を拡大していくことが目的のひとつになる。

 時には、雇用者の良し悪しを判断して人員を整理するといった、道徳的にも厳しい選択を迫られることもあると語られている。

(画像はLegacy: Peter Molyneux’s newest game I Levelsより)

 本作は街づくりシムとしての基本的な要素を押さえつつ、商品開発自体も十分に楽しめる自由度の高さが魅力のひとつであると考えられる。また、22Cans独特の、ポップなポリゴンでどこか温かみのあるビジュアルも健在のようだ。

 同作の開発はモリニュー氏も所属する22Cansが担当。同スタジオはこれまでに『Curiosity』、『Godus』、『The Trail』をリリースしており、本作が4本目のタイトルとなる。

 また、22Cans設立前につくられたモリニュー氏の作品には、『ポピュラス』や『Dungeon Keeper』などのヒット作があり、日本国内でも話題を呼ぶクリエイターのひとりである。

 今回紹介されている最新作『Legacy』もまた、モリニュー氏及び22Cansのこだわりを感じる独自性があり、目が離せない作品となっている。

 数々の名作を生み出したモリニュー氏の新作ということで、配信時期の公開を含めて、今後の続報にも期待したい。

ライター/ムニエル

関連記事:

30年前にお蔵入りとなった海外版ファミコン向け『シムシティ』が発掘される。プロトタイプのカートリッジをゲームの歴史保存団体が入手

カントリーライフシム『Stardew Valley』のスマートフォン版発表。iOS版は10月24日発売、Android版も後日リリース予定

ライター
ムニエル
大学時代はフリーライターとしてスマートフォンゲーム、インディーゲーム、eスポーツ関連の記事を執筆。週刊誌の編集も経験する。DTMを嗜み、特にゲームBGMとクラシックを愛する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ