30年前にお蔵入りとなった海外版ファミコン向け『シムシティ』が発掘される。プロトタイプのカートリッジをゲームの歴史保存団体が入手

 ビデオゲームの歴史のカタログ化、デジタル化、および保存を行う非営利団体「The Video Game History Foundation」(以下、VGHF)が、海外版ファミリーコンピュータであるNES向け『シムシティ』のプロトタイプ版のアーカイブに成功、Romデータを収蔵したことを発表した。カートリッジが制作されたのは1990年12月20日だが、当時は発売されずお蔵入りとなった。

 1989年にMac向けにリリースされ、1991年にはスーパーファミコンで発売された都市設計シミュレーション『シムシティ』は、当初はNES版も発売される予定だった。現在はCESとして知られる家電見本市「WCES 1991」にてNES版『シムシティ』が出展され、アメリカではその様子がVideo PowerというTV番組でも取り上げられた。

 NES版『シムシティ』はギリギリまで発売される予定だったにもかかわらず、理由は不明ながら直前に結局キャンセルされることとなった。とはいえ発売が中止になったタイトルでも、上記のWCESようなイベントでの宣伝用、あるいはレビュー用としてプレイできる形でカートリッジが生産される。そういったソフトは、稀にインターネットオークションや中古ゲームソフト販売店などに姿を表すことがある。

 2017年8月、シアトルにあるビデオゲーム販売チェーンBack In Time 2 & PLAYliveがファミコン版『シムシティ』を2本入手したことを報告。ひとつは店頭に展示し、もうひとつはイベント「Portland Retro Gaming Expo」で競売にかけられたという。その後、VGHFの創設者Frank Cifaldi氏が、ファミコン版『シムシティ』の2人のオーナーの協力の下、ゲームのデジタル化と収蔵に成功した。

※2017年に公開されたNES版『シムシティ』の映像。

 季節によって桜が咲くなどのグラフィックの変化、一定条件を満たすことで得られるプレゼント、そして作者であるウィル・ライト氏をモチーフにしたドクター・ライトという秘書キャラクターの追加など、PC版『シムシティ』にはない要素が追加されている。

 ほかにもドクターライトやプレゼント、銀行といった要素が収録されており、ほとんどスーパーファミコン版と同等の内容になっている。しかし、未完成であったり異なる部分も存在する。

NES版『シムシティ』タイトル画面
(画像はThe Video Game History Foundationより)
スーパーファミコン版『シムシティ』タイトル画面
(画像はThe Video Game History Foundationより)

 特に大きな違いは建物タイルのサイズだ。オリジナルやスーパーファミコン版の建物は3×3マスのサイズだが、プレゼントの建物を除いてNES版は2×2となっている。

 また、プレゼントは周囲の地価を上げられるが、NES版『シムシティ』はまだ未完成で、地価の要素は働いていないという。プレゼントの建物を中心にまわりに建物を配置する、『シムシティ』の一般的な攻略テクニックは利用できない。

またプレゼントは3×3、通常の建物は2×2なので、NES版はプレゼントの周りにうまく建物を配置することが出来ない。
(画像はThe Video Game History Foundationより)

 ほかにもファミコン版『シムシティ』の研究により、未使用のタイルや建物、登場しないボード、ドクターライトのアニメーションといったデータも発見されている。VGFHに親しいファミコンの専門家であるCaH4e3氏は、ゲームの未使用データ、ゲーム雑誌や広告の情報などからファミコン版『シムシティ』の本来の形を再現しようとしている。

 ゲームの発売予定日から30年近く経った2018年末に、またひとつゲームの歴史の中に埋もれていたゲームが発掘された。VGHFでは支援者を募集している。こういった活動を支援したい人は是非、寄付で応援してほしい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

あの日君が見せたゲームのデモシーンは、製品版には実装されなかった。幻の『Halo 2』E3 2003デモが公式配信で再披露へ

『クロノ・トリガー』の幻の続編『クロノ・ブレイク』がもし発売されていたら? ピクセルアートの鬼才である『Owlboy』開発者が想像して描いた素敵な2Dドット映像が公開

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧