『SEGA AGES アレックスキッドのミラクルワールド』がスイッチで近日配信。日本版・海外版・ハンバーガー版の3バージョンやFMサウンドによるBGMなどが収録

 セガゲームスは、Nintendo Switch向けタイトル『SEGA AGES アレックスキッドのミラクルワールド』を近日中に配信することを発表した。価格は925円(税別)。

 『アレックスキッドのミラクルワールド』は1986年にセガ・マークIIIで展開された2Dアクションゲーム。80年代のセガを代表するキャラクター「アレックスキッド」がデビューしたタイトルで、じゃんけん大王に支配された世界を取り戻すため、アレックスキッドがブロッ拳を駆使して戦いを繰り広げていく。

 今回は、その『アレックスキッドのミラクルワールド』がNintendo Switch向け「SEGA AGES」シリーズの第6作目として登場することが明らかになった。本作では日本版のみならず、メッセージが英語化される海外版、さらに海外Master System IIに内蔵された「ハンバーガー」版(英語化&おにぎりがハンバーガーになったVer)の3つが収録されている。

 追加要素も複数用意されている。「AGESモード」ではステージ開始時に描き下ろしのセガ・マークIII風ドット絵のイベントCGが表示されるほか、FMサウンドユニットに対応、ゲーム中では使われなかった幻のBGMであるスコパコサイクルのテーマ曲も追加されている。

 「チャレンジモード」では、最終ステージを使った「キャッスルクエスト」タイムアタックや、ステージ13で登場する「プチコプター」のタイムアタックを楽しむことができる。

 さらに、最大5秒間プレイを巻き戻すことができる「ヘルパー機能」や、簡易化された「コンティニュー」も追加。ボタン配置の変更も可能で、連射を割り当てる機能も用意されている。

(C)SEGA

ライター/渡邉卓也

関連記事:

アーケード版『ゲイングランド』が「SEGA AGES」シリーズとしてNintendo Switchで完全移植。縦画面・海外版に対応し年内配信

セガ、『アウトラン』をNintendo Switch向けに2018年配信へ。メガドライブ版「STEP ON BEAT」など3DS版にない追加曲が新たに収録

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧