基本無料で遊べるPC版『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』がSteamで3月13日リリース。歴代『FF』シリーズのキャラクターが3対3で戦う対戦アクション

 スクウェア・エニックスは基本無料で遊べる対戦アクションゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』Steamストアページを公開した。3月13日リリース予定となっている。本作は一定期間でラインナップが変わる4キャラを使用でき、基本無料で遊べる「フリーエディション」の他に有料のエディションがふたつ用意されている。

 ひとつは、28名のキャラクターが自由に使え、ストーリーモードも解放される「スタンダードエディション」。そしてもうひとつは、ユウナなどシーズンパスで追加される6名のキャラクターを含む34名のキャラクターも使える「デラックスエディション」
 また、好きなキャラクターを単体で購入できる「基本セット」のDLCもPS4版同様、販売されるようだ。

 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』は2015年よりアーケードゲームとして稼働中の『DISSIDIA FINAL FANTASY』のコンソール移植作。歴代『FINAL FANTASY』シリーズのキャラクターが同じ舞台で戦うクロスオーバー作品だ。

(画像は【Steam:DISSIDIA FINAL FANTASY NT Free Editionより)
(画像は【Steam:DISSIDIA FINAL FANTASY NT Free Editionより)

 3人のキャラクターでパーティを組み、相手となる3人パーティと戦う3対3のマルチプレイゲームで、合計3回対戦相手のキャラクターのHPを0にし、相手チームのパーティライフゲージを3つ削ることで勝敗が決まる。
 通常の対戦モードの他、相手のコアを破壊することが目標となる「コアバトル」が、コンソール移植にあたって追加された。

 戦闘ではブレイブポイントが重要な要素となる。攻撃には通常ダメージを与える「HP攻撃」と、ブレイブポイントを奪い取る「ブレイブ攻撃」の2種類があり、キャラクターが持つブレイブポイントは、そのままHP攻撃の攻撃力となる。
 各キャラクターは「HEAVY」、「SPEED」、「SHOOT」、「UNIQUE」の4属性の内ひとつに属しており、それぞれに有利不利が設定されている。

(画像は【Steam:DISSIDIA FINAL FANTASY NT Free Editionより)

 また、召喚ゲージが溜まると『FINAL FANTASY』でお馴染みの召喚獣を呼び出すことができる。召喚魔法の詠唱中は無防備になり、リスクはあるものの召喚できれば敵チームに大ダメージを与えることが可能だ。

(画像は【Steam:DISSIDIA FINAL FANTASY NT Free Editionより)

 記事執筆時点でSteamでの各エディションの価格は未発表。参考までに、PS4版『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』は「スタンダードエディション」が8424円、「デジタルプレミアムエディション」(Steam版のデラックスエディションに相当)が12744円となっている。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『FFXIV』麻雀実装で新規・復帰が急増。プロ雀士も参戦し、24時間数秒でマッチングする初のコンテンツへ…実は“住めるゲーム”を目指す新たな挑戦の第一歩だった

『ファイナルファンタジー』の完全新作オンライン対戦カードゲーム『FF DIGITAL CARD GAME』事前登録が開始。スマホとPCでプレイ可能

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧