『バトルフィールドV』のバトルロイヤル「ファイアストーム」3月25日よりスタート。戦車や車両だけでなく強力な航空支援を利用して敵を吹き飛ばす

 Electronic ArtsとDICEは『バトルフィールドV』(以下、BFV)の新ゲームモード「ファイアストーム」のトレイラーを公開した。「ファイアストーム」は、3月25日より実装予定のシリーズ初のバトルロイヤルモードだ。開発にはCriterion Gamesも携わっている。

 ファイアストームは一般的なバトルロイヤルゲームを、『BFV』ならではのゲームシステムに落とし込んでいる。ゲームモードの詳細は完全には明らかにされていないが、公式ページの説明では4人の小隊が16チーム、64人がひとつの戦場で戦うとされている。マップの破壊や拠点を占拠する要素も特徴として挙げられており、マルチプレイでおなじみの要素がこのモードでも楽しめそうだ。

(画像は『BFV』公式サイトより)

 トレイラーでは戦車を含むさまざまな車両が登場し、こちらも目玉のひとつとなっている。戦場にある車輪を持ったものは全て車両とあるとおり、戦争の兵器とは思えないトラクターで走り回るシーンも確認できる。『BFV』らしい強力な車両を巡る攻防もファイアストームの魅力になるだろう。

 また、赤いスモークでマーキングした場所に航空支援を要請するシーンも収録されている。所有する兵器だけでなく支援攻撃として強力な火力を利用できるのも、『BFV』をバトルロイヤルにしたファイアストームならではの要素と言えるだろう。

(画像は『BFV』公式サイトより)

 ゲームの目玉として『BFV』リリース当初から話題となっていたファイアストーム。販売を担当するElectronic Artsからは『Apex Legends』が同じくリリースされているが、ゲーム内容が大きく異なるため両者が食い合いになることはないとEAは太鼓判を押している。ようやく公開となるファイアストームは、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を増しているバトルロイヤルジャンルで、いったいどのような地位を獲得するだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『バトルフィールドV』傑作キャンペーン「最後の虎」はナチスドイツ視点だからこそ描けた。戦車と第二次世界大戦の終末を紐解く

第一世界大戦の終戦から100周年、ゲーム内で争い止める者も。『Battlefield 1』のプレイヤーたちが自主的に銃口を下げ一時停戦

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ