セガ、「メガドライブ ミニ」を2019年9月19日に発売へ。北米Genesis版も発売決定

 セガフェス2019にて、「メガドライブ ミニ」があらためて正式発表された。「メガドライブ」バージョンと、海外版メガドライブ「Genesis」バージョンを2019年9月19日に全世界で同時に発売予定。価格はコントローラーがひとつ付属する「メガドライブ ミニ」が6980円、ふたつ付属する「メガドライブ ミニW」が8980円となる。

(画像はセガ公式Twitterアカウントより)

 「メガドライブ ミニ」はカートリッジ挿入部分(※実際のメガドライブカートリッジで遊ぶことはできない)が実際に開閉したり、電源ボタンが可動するなど、実際のメガドライブ同様の可動ギミックが再現されている。テレビへの接続はHDMI、電源はUSBケーブルとなる。なお、メガドライブ本体に付いていたヘッドフォン端子は廃されている。本体は手のひらサイズで小さくなっているが、コントローラーは実際のメガドライブコントローラーと同じ大きさとなる。

 ソフトウェア面の機能として、どこでもセーブ機能が搭載される。スキャンライン表示やテレビに合わせた拡大方法、画面表示の設定など、その他の機能は現時点で未発表だ。

 収録タイトルは全40タイトル。国民投票で決定した3タイトルを含めた10タイトルが先行して発表された。発売地域に合わせて収録タイトルは変更されため、こちらのリストは日本向け「メガドライブ ミニ」の収録タイトルとなる。

・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』
・『ぷよぷよ通』
・『シャイニング・フォース 神々の遺産』
・『VAMPIRE KILLER』
・『レッスルボール』
・『ガンスターヒーローズ』
・『コミックスゾーン』
・『レンタヒーロー』
・『スペースハリアーII』
・『魔導物語I』

(画像はセガ公式Twitterアカウントより)
(画像はセガ公式Twitterアカウントより)

【更新 2019/3/30 12:45】 「セガフェス情報局」の『メガドライブ ミニ こぼれ話』にて、メガドライブ ミニの一部タイトルが北米版や欧州版も収録することが明らかにされた。言語選択で英語やフランス語を選択すると同時に変更されるそうで、たとえば『バンパイアキラー』であればバージョンが異なる『Castlevania: Bloodlines』、『Castlevania The New Generation』をプレイすることができる。ただしこの機能はあくまで“裏技”的なおまけ要素とされており、全タイトルを収録するわけではないようだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧